Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|

Buffalo WRP-AMG54 設定メモ

2010/02/16 Tue 21:56

無線 LAN 中継機 Buffalo WRP-AMG54AOSS を使わず設定する必要があったので、手順をメモ。Windows XP を使って設定する場合の手順で、「AOSS に対応していない無線環境で使うには」では足りなかった情報を補完。

ハマったのは、最初に設定用 PC と中継機を実運用ネットワークから論理的に切り離した状態で設定を行わなければいけないという部分。OKWave の情報がなければわからなかった。

中継機の無線 LAN 設定(ESSID、暗号化規格など)は「エアステーション設定ガイド」でどうぞ。

参考

準備

手順

  1. 本体の電源をつなぎ、さらに本体と Win 機の LAN コネクタをストレートケーブルで直接つなぐ。
  2. 設定に使うマシンの IP を、実運用しているネットワークから切り離す(ここでは 192.168.1.0/24 を実運用ネットワークと想定し、設定用に 192.168.20.1 と 192.168.20.2 を使う)。後で元に戻すので、設定内容を覚えて/メモしておくこと。
    1. コントロールパネルから「ネットワーク接続」を開く
    2. 「ローカルエリア接続」を右クリックしてプロパティを開く
    3. 「インターネット プロトコル(TCP/IP)」を選択して「プロパティ」ボタンを押す
    4. 「全般」タブ内の「次の IP アドレスを使う (S) :」の部分、「IP アドレス」に 192.168.20.2 、「サブネットマスク」に 255.255.255.0 と入れて「OK」(サブネットマスクはお好みなら 255.255.255.252 で充分)。
  3. エアステーション設定ツールを起動。
  4. ステップ3 無線親機に中継機を無線で接続しよう」の通り、エアステーションに設定用 IP アドレスを与える。
    1. 中継機がリストに出ていなければ「検索」ボタンを押す。中継機の「エアステーション名」は「RP<MACアドレス>」という形式で、例では「RP000D0B512804」となっている。
    2. 中継機を選択して「IP設定」ボタンをクリック。
    3. 「IP アドレス」に 192.168.20.1 、「サブネットマスク」に 255.255.255.0 と入力して「OK」(サブネットマスクについては先ほどと同様)。
  5. 再び中継機が検索される。出てきた中継機の IP アドレスが 192.168.20.1 になっていることを確認。
  6. 中継機を選択して「WEB 設定」ボタンを押す→ウェブブラウザが起動して http://192.168.20.1/ が開かれるはず(自分でブラウザを起動してアドレスを入れても OK)。
  7. 無線ルータでの設定にあわせて SSID や WPA-PSK 共有キー等々を設定。詳しくは「WEB設定画面(中継機)」を参照。
  8. うまく接続されたようならログアウトしておく(きちんとしておかないと、あとでセッションが残って面倒になることがある)。
  9. 中継機から LAN ケーブルを抜く。有線でハブやルータにつないでいたなら元通り接続する。
  10. PC の IP 設定(「インターネット プロトコル(TCP/IP)のプロパティ」で変えた部分)を元の設定に戻す。たいていは(= DHCP を使っているなら)「IP アドレスを自動的に取得する」にすればよい。
Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,

10.30 横浜アリーナ ファイナル後の不完全燃焼感

2009/11/01 Sun 04:42

さて、⊿ツアー横浜公演を皆勤賞でこなし、ファイナルの素晴らしい盛り上がりと感動的なフィナーレに大満足して帰ってきたのだったが、帰宅後、2ch本スレに「感動した! ありがとう!」というような激賞コメントが並んでいるのを眺めながら、何とも言い難いモヤモヤが浮かんできた。

昨日のライブが素晴らしく、感動的で、感謝すらしたくなる気持ちを否定するつもりはない。号泣したりするほどではないにせよ、自分もそう感じるところはあった。妙な気恥ずかしさを感じず、その想いを素直に吐露できることへの嫉妬も、ないとは言わない。でもそれほど感じ入っているなら、それを吐露するまでの話だとも思う。だからこれは、そこまで楽しみ切れたことに対する嫉妬だと思うのが正当なんだろう。

終演後の反省会では、自分がPerfumeを「誰もブックを書いていないプロレス」として楽しんでいることを確認してきた。プロレスを最大限に楽しむためには、リング内外で繰り広げられる物語を完全に消化し、自らをもそこへ織り込んでいくような作業が求められる。

普段から露出メディアを逐一チェックし、行かれないライブのレポートをブログやBBSでチェックし、そこで進行する物語をフォローする。彼女たちの行動や言動はもちろんのこと、著名な評者やファン言動・行動についても、その解釈や影響を仲間と議論する。そうして積み重ねられたものを一杯に抱えて、ツアーファイナルというクライマックスに臨む。

昨日を最大限楽しむには、理想としてそれだけの条件が必要だったが、自分はそこまでしていない。自分の日常生活からそれだけの時間を割くことはしたくなかったし、もし実行していたとしても、それが自分をどこにも導かず、最終的に虚しさが達成感を上回ってしまうであろうことも確信している(実際、過去に経験したことでもあるから)。

自分はその程度には冷静で、「熱い」人々を覚めた目で見てしまう部分がある。でも、楽しめている人のことが確かにうらやましくもある。その狭間に吊されている感覚が「モヤモヤ」の原因であろうと、ひとまず思っておくことにする。

繰り広げられる「プロレス」に全力で巻き込まれているかどうかという条件は、自分以外のファンにとって全く関係のない話であって、感動が深かったとしても捧げたコストの多寡は問題にならない。だからこの羨望は、そこまでコストをかけずに満足感を得ているパフォーマンスの良い人(典型的にはライブ初参戦に近い人たち)に対するものと、「理想」に近いコストを彼女たちに捧げ、自らを力強く物語に織り込めた人に対するもの、その両者が含まれている。

……といろいろ理屈をこねてみたが、冷静になってみると、14・15がトレーニング効果を発揮したためか29・30で暴れたにもかかわらず翌日には疲れや筋肉痛がほとんど残っていないことに気がついた。それを不完全燃焼と感じてるだけなのかも。

追記: この感覚を自分なりに説明してからでないと眠れない程度には熱さが残ってるということは、当然ながら自覚あり。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit

三沢光晴が背負っていてくれたもの

2009/06/15 Mon 04:10

熱心なプロレスフォロワーではない僕が語るべきかどうか迷いはあるのだが、「好き」カテゴリに属するもののほとんどについて熱心とは言えないので、そこで足踏みしていては語ることがなくなってしまう。三沢光晴が熱心なプロレスフォロワーの枠を超えても大きな存在であったことは、訃報に対する反応の広がりを見ても明らかなことだろう。そこにささやかな例証を一つ付け加える。

三沢選手が亡くなったと一報を聞いたのは14日の0時17分、チャット中の友人に知らされた。すぐに大手メディアの記事を確認し、言い様のない不安感に襲われた。それから24時間以上経っても不安感は拭いきれず、ずっと三沢のことが頭から離れなかった。

僕にとっての三沢光晴は、日常の中の好ましい部分を象徴する存在だったのだと思う。自分の生活にどういう変化があっても、世間に変化があったとしても、変わらずにプロレスを続けている人がいる。今に見合ったプロレスを、信念を持って続けている。そういう安心感を象徴する存在だったのだと思う。

僕にとっての日常は基本的に変わり映えのない、どちらかといえば退屈なものである。でもどこかでプロレスが行われていると想像したり、そのことをメディアで見聞きすることは、「日常」の好ましい部分だった。その日常性を保証してくれていたのが三沢光晴という存在だったと考えると、この不安感が腑に落ちる。残念ながらこの4月以降はテレビで目にする機会も少なくなっていたのではあるが……。

もちろん、「日常」といってもほのぼのとしたイメージばかりを持っていたわけではない。「ゾンビ」と謳われることを納得するような試合を見たこともあったし、そこまでの試合でなくても実直にプロレスをしていることは伝わってきた。トーク番組やバラエティ番組での姿もそうしたイメージを裏付けていたのだろう。実直に、真摯に積み重ねられているのでなければ、その「日常」は好ましいものにならないはずだ。

大げさに言えば、僕が安心できる平和な世界では、三沢光晴がプロレスをしてくれている必要があった。たとえ目にする機会が少なくても、そう思えることが必要だった。実に勝手な話だが、そういう役割を背負ってもらっていた気がする。それでも、何も言わずにそれを背負ってくれるような、そんなイメージを三沢に投影していたのかもしれない。今日一日、ウェブやテレビで色々なエピソードを目にしたが、そのイメージは決して間違っていなかったと思っている。ノアという団体を運営する上で多大な重圧があったこと知り、これまでの継続がさらに重みを増して感じられている。

プロレスファンは、全日本に君臨するジャンボ鶴田からフォールを奪い全日の歴史を刷新したことや、ノアを立ち上げて以後、現代的なプロレスを確立しようとしつづけたことなど、「日常」とは無縁の革新者たる三沢を語っている。ここでそのイメージを否定するつもりはまったくないし、そうしたプロレス史での存在こそまず評価されて然るべきだと思う。

ただ、僕にとっての三沢は、厳しさと愛らしさを同時に感じさせるような風貌で、真摯に激しくプロレスを、いつも変わらずに続けてくれる人だった。本当にありがとう。もう新しい試合を見られないのは本当に残念だけど、そう言うとあなたを苦しめてしまうのかもしれません。安らかに休んでください。これからのプロレスを心配する声も少なからずありますが、選手もファンも、あなたの姿を憶えていればそう簡単にあきらめることはないでしょう。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , , , ,

布製のシンプルなストラップがほしい

2009/01/18 Sun 19:12

布製のシンプルなストラップがほしい。スニーカーの靴紐(シューレース)のような素材に留め具をつけただけのようなイメージ。携帯・PHS草創期には腐るほど売ってた覚えがあるけど、最近はすっかり見かけなくなった気がする。100均には売ってるかもしれないけどこのためだけに行くのも億劫なので、とりあえずネットで探してみた。

一番イメージに近かったのは携帯ストラップを専門に扱う「ストラップヤ!」の「シンプル携帯ストラップ」という商品。


意外となかった! シンプル携帯ストラップ(グレー) 100円(在庫なし 税込 送料別)

ただ残念ながら、5色のバリエーションすべてが在庫なしか販売終了の状態。価格も安く理想的だったので再販してほしいところ。

今回は主に USB FLASH メモリに付けるストラップを探していたので対象外にはなったものの、同ショップの「シンプル&ノーマル ハンド携帯ストラップ」も気になった。


手首に通せる、シンプル&ノーマル ハンド携帯ストラップ 399円(税込 送料別)

8色バリエーションがあって、付けるもののデザインや自分の好みに合わせやすそう。送料は定形外郵便で190円からとのこと。

この商品は「ラスタバナナ」というブランドの「ノーマルハンドストラップ」と価格が同じでパーツもよく似ていて、多分これだと思う。ラスタバナナ系のストラップはシンプルなものも揃っていて良さそうだけど、値段もそこそこするので USB FLASH 用にはいまひとつ。

ほかに可能性を感じたのはアクセサリーマルタカという会社のオリジナルストラップ作成サービス「1call」(ワンコール)。1ロット50本からストラップ作成を依頼できるそうで、まさに希望通りのシンプルなストラップが発注できる……んだけど、さすがに50本は使い切れないので(もちろん)見送り。@190~@310で10本くらいなら欲しいところだけどなぁ。

今回探した範囲で見つかったものは以上。品物と価格の折り合いがつかなかったので、残念ながら今回は見送り(けっこう時間かかったのに……)。出かけたついでにでも100円ショップを見てこよう。

あるいは平紐と先端パーツを別に買って自作するのもいいかもしれないと思ったりもした。特に1callの「平紐デジカメストラップ」は、平紐を先端パーツに通して輪を作りリベット1つで留めるという作り方で、自分でもできるかもしれないと思った。これも選択肢のひとつかな。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,

FontShopからブックレットが届いた

2008/12/08 Mon 19:25

fontshop booklet 2008 (1) fontshop booklet 2008 (2)

FontShop.com からの DM が届いてた。一目見て "Font" という文字が目に入ったので国内のフォントベンダーからかなぁと思ったら、FontShop だったのでかなりびっくり。発送地はカリフォルニア州オンタリオだって。公式サイトにも告知がありました。

FontShop Publications: Font 007 and FontBooklet No. 2 | FontShop News | October 2008

中にはブックレット3冊(青1冊、黄2冊)が入っていて、Font 007 (青)には $5 と書いてあります。FontBooklet NO 1 (黄)はバラしてカードのようにもできるみたい。フォントそのものに加えてイメージを表現したアートワークもあり、なかなか楽しめます。

欧文フォントの市場が全世界だとはいえ外国の登録者(しかも購入履歴なし)にまで冊子を発送するとは驚き。まぁそれだけやっても OK なくらい儲かってるってことなんだろうけど、すごいな。ウェブ上のサービスに住所を登録するのは少なからず抵抗があるけど、こういうのが来るとちょっと嬉しくなります。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , ,

Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|