オタっ娘

2004/11/24 Wed 20:43

ぶっちゃけ! ナインティナイン」をぼーっと見ていたら、加藤夏希さんが「スレイヤーズ」とか「林原めぐみ」とか言ってるんですよ。「ほほぅ」と思ってさっそく検索したら、まぁ予想通りなんだけどあっという間に出てきて。

あぁーこの写真ね、いたいた、いましたよこういうコス(ry 実際に出会ったことのある人ならお解りいただけるかもしれませんが、この髪の乱れ具合といい目の虚ろさといい、独特の雰囲気をかもし出していますね。かわいいことはかわいいんだけど、コミュニケーションとれる気がどうもしないかんじ。現在もバラエティではそういうキャラとして扱われてるようですが、当時はさらに際立ってるように見えます。

場合によっては西村知美や緒方(中條)かな子&花島優子、最近では中川翔子らの横綱ぶりに並ぶものがあるかも……今後の展開に注目していきたい。とりあえずmixiのコミュには入ってみた。

追記:加藤と中川は1985年生まれという点が共通してるんだけど、この世代には何かあるのか? まぁ2人だけでは何も言えないことはわかりつつ。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , , ,

「アジア人」の遺伝子の違いを共同研究・日中韓など (いきいき健康@日経 via Orbium)

2004/11/21 Sun 21:01

「アジア人」の遺伝子の違いを共同研究・日中韓など (いきいき健康@日経 via Orbium

アジア諸民族の遺伝的な違いをデータベース化して、かかりやすい疾病や医薬品の効果の多寡を探る手がかりとしようとするプロジェクトが来年からはじまるそうです。

着々とこういうプロジェクトが進んでいきますねー。DNAを扱う人たちが倫理の問題に無頓着なはずはないだろう(と思いたい)けど、このニュースだけを見た印象では「民族」というものを固定的に扱ったり、さらには優位性を主張する根拠となってしまう可能性をはらむなら、それはそれで怖いかんじ。

この問題への配慮に加えて、それぞれが変化してゆくプロセスをどのように取り込んでいくのか、そういう機能についてどういう対応をしてるのかなど、いろいろ気になるニュースではある。

Permanent Link | Writebacks (0) | News | edit
Tagged as: ,

ピエロラピテクス・カタロニクス

2004/11/20 Sat 02:16

スペインで新種類人猿の化石発掘 (Google News)

金親子の肖像撤去を押さえ、個人的にはここ最近で一番のヒットニュース。猿から人間への連続性を示す物的証拠が断片的にしかみつかっていないということは知っていたんだけど、ひとつピースは埋まることになるのか。

いつのことだか、「人間に近い類人猿の化石がみつからないのは現存する人間が近縁種をぶっ殺しまくったからだ」という説を聞いたことがあって、その説についての真偽にも気になるところ。でもいま考えてみると、ぶっ殺しまくったからといってなぜ化石が出てこないことになるのかがよくわからない。

Permanent Link | Writebacks (0) | News | edit
Tagged as: ,

キーボード新丁

2004/11/19 Fri 20:04

昨日、友人のいる量販店に注文しておいたLet's note CF-B5V対応の交換用キーボードが届いたという連絡を受けて受け取りに行き、今日交換作業を行った。自分のために型番等をメモ。どうもB5Rとは別らしいという話もあるので、該当ユーザは注意。

  • 品番:ESU84TN701AA
  • 品名:キーボード
  • 代表機種:CF-A1R

この機種は金属製パンタグラフの薄いキーボードがネジ一つで止まっているだけのため、両面テープで止めた方がよいという情報は得ていたので、両面テープを購入。しかしそれほど強力に接着する必要はないので、ニチバンの「ナイスタック リムカ」という、ポストイットのような弱い糊を使ったタイプを選択。

もともとこのノートはキーボードが気に入って買ったようなもので、その使用感が損なわれていたのはかなりストレス因だったんだけど、交換したらものっすごい調子がいい。これだけ変わるんだったらもっと早いうちに変えておけばよかった。また、弱めの両面テープで接着するのも不安だったけど、まったく問題なし。今後のメンテナンスを考えても大正解だったかも。まぁ後に知ったところによると、金属製パンタグラフがこれだけ保ったというのも運がいいほうみたいなんだけど。将来に備えてあと2枚くらい買っておきたいかんじ。

じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらこうじのぶらこうじぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがんしゅーりんがんのぐーりんだいぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなーのちょうきゅうめいのちょうすけ。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as:

Sleipnir作者のソース入りPCが盗難に

2004/11/18 Thu 15:58

僕も使わせてもらっているフリーウェアのタブブラウザSleipnirの開発者がソースを保存していたPCを盗まれてしまい、SleipnirやPictBearをはじめとする彼が開発していたソフトも開発を継続するのが困難な状態だそうです。

状況がまだよくわからないのですが、預金通帳やバックアップPCなど、個人としてはかなり大規模な被害に遭ってしまったようです。すでに預金も引き出されたとかで、作者氏にとってはそちらのダメージのほうが深刻でしょう。暗証番号を複雑にするよりも通帳を盗まれないようにしないといけないことがよくわかりました。

Sleipnirには満足していただけに、非常に残念。作者氏が新しい口座を作ったら少し寄付したいところです(犯人に公式WEBを更新するほどのスキルがないことを祈りつつ)。

Permanent Link | Writebacks (0) | News | edit
Tagged as:

1週間の休み

2004/11/16 Tue 23:55

祝祭のための休みが一週間与えられるので、祝祭には参加せず自らが義務とするところに、あるいは欲望のために、怠惰のために、享楽のために、本分のために費やしていきたい。

  • 恋の門』を観る。
  • 青い車』はどうしようかなぁ、もうどんな話だったか忘れてるけど気になる。
  • 雲のむこう、約束の場所』は待たされ焦らされ続けただけに、カタルシスを得なくては。
  • ハウルの動く城』はどうすっかな、落ち着いてからでもいいかも。
  • でも後に歴史を振り返ったとき、今日STEAMの『HALF-LIFE2』がアンロックされちゃったのが実は一番重要な事件となっているかも、いやかなりヤヴァイ。

てなかんじで行ってみたい! "GO! GO! GO!" "Roger that!"

と意気込んでやってみたのだが、外で食ったパスタのオリーブオイルで胸やけしてるところにやたらリアルな描写で重苦しい空気を醸し出すゲームをやったせいか、腹が気持ち悪くなってきたので中断。いきなりラッシュかけようとしても身体がついてこないらしい。これが年齢ですか?

Permanent Link | Writebacks (2) | Diary | edit
Tagged as:

新美南吉『デンデンムシノ カナシミ』(青空文庫)

2004/11/12 Fri 21:09

新美南吉『デンデンムシノ カナシミ』(青空文庫

最近すっかり『うずらちゃんのかくれんぼ』に関心を奪われているようですが、美智子皇后もお気に入りの『でんでんむしのかなしみ』の、新美南吉全集に所収されているバージョンが青空文庫に入りました。

 アル ヒ ソノ デンデンムシハ タイヘンナ コトニ キガ ツキマシタ。
「ワタシハ イママデ ウツカリシテ ヰタケレド、ワタシノ セナカノ カラノ ナカニハ カナシミガ イツパイ ツマツテ ヰルデハ ナイカ」
 コノ カナシミハ ドウ シタラ ヨイデセウ。

以前も書いたことがありますが、やっぱりこの入り方はすごい。内側に直接訪れてしまうこの種の「気づき」は、外部からもたらされる偶然よりもしばしば衝撃的なものであると思います。

今日は横浜HMVで三上ちさ子のインストアライブだったけどバイトで疲れ果てて行けず。背中のからの中にまた悲しみが満たされました。

Permanent Link | Writebacks (0) | Web | edit
Tagged as:

あまり日記を書かないのは

2004/11/05 Fri 08:40

BLOGブームによって僕の中の何かが冷めてしまったのは確かで、最近は結局ウェブというメディアがマスメディアの従属物でしかないように見えていることがウェブ離れの大きな原因のひとつになっていると思う。もちろんウェブがそれだけに留まるものではないと思うが、それは他のメディアの内実に分け入った場合にもおそらく当てはまることで、既存メディアとたいして変わらない状況になってしまったとは言えると思う、「メディア」という言葉の定義が曖昧なままなのはさておくとして。

この倦怠感みたいなものを表明しようと思ったのは、おそらく今回のアメリカ大統領選を見たせいで、近づいてみると中はいろいろなんだろうけど離れたところから見ると一様なカタマリにしか見えない大きなものが覆い隠していくというか押し潰していくというかとにかくそういう無常感のようなものを最近とみに感じていて、だから僕は私的な時間をゲームとか自閉する方向へ振り向けているような気がしてなりません、最近。

あとは新機軸のようなものがすべて再生産的に見えて仕方ないということもあるかも。これも仕方ないことなんですけどね。この退屈にあと40~50年耐えきれるのかはちょっと心配。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , ,