脱力

2006/12/23 Sat 04:39

僕がおそらく真実であろうと思っている諸前提から論理的推論を導くと(というほど大げさでもないが)、どうしても死ぬことが最も効率が良いということになる。

とはいえそれはあくまで論理的にそうであるというだけのことであって、すぐに「さあ死のう」ということにはならない。しかも「死ぬことが生きているよりも良い」という結論にもならず、生きていることは死んでいることと同じ程度には意味がないということになるだけである。同じく意味がないなら生きていても死んでいても同じというわけで、たとえば生きていることがどうしても苦痛につながるなら死んでもいいんじゃないか、という話である。

「意味のなさ」という部分の定義を簡単にしておいたほうがよさそうだけど、要するに人間はいずれ死ぬし、人類はいずれ絶滅するし、それでも宇宙はあるというようなそういった感覚で、科学的認識によって目的論的(キリスト教的)世界理解が崩壊したとかそういう思想史上の事件の廉価版みたいなものだと思ってもらえればいいと思う。

こういう認識を持っていても、人間レベルの物事に生き甲斐を見出して生を肯定的に捉えることは十分に可能であると思うし、実際に世を生きている人たちには(世界・宇宙レベルの認識の有無を問わず)そのように考えている人が多くいると思う。しかし僕の場合、人間レベルの物事を見ようとしても世界・宇宙レベルの無駄さがどうしてもそれに勝ってしまう。でもすぐに死のうとは思わない(この理由を突き詰めるのも興味深いところだが、今回は措く)。結果、無気力になる。

こうなってくると、その無駄をいかに楽しむか、楽しめるかというところが大事になってくる。実際、今まではそのようにやりすごしてきたのだが、うまくいかないことも出てくるもので。「社会的にはやらなければいけないこと」というものは、生きていく(金を稼ぐ、食べる)ためであったり、達成感とか社会的意義とか社会的ステータスとかによって、少なくとも部分的には動機付けられるものであるはずだが、それらがすべて無効である場合には、楽しみを見出せなくなったとたんに「やる必要のないこと」になってしまう。積極的に死のうとしているわけではないので、やらなければ死んでしまうとなれば違うかもしれないが、そういうこともない。地味ではあるが、これは「危機」である。遠い目線から社会全体の問題として捉えるのでなく、個人的にそういう傾向が強まると厄介なことこの上ない。

社会的に報われていないことを世界・宇宙といった大枠の問題にすり替えているのではないか、と自分でも問うてみることはあるけど、おそらく社会的に報われたとしても同じ問題は起こりうるだろうし、現在の僕自身がそれなりに社会的に報われているという見方もできる。

僕が数年前に宮代真司を読んでいたことを書き添えたほうが誠実だろうか。まぁニーチェでもキェルケゴールでもパスカルでもいいんだろうが、いずれにせよ未解決であり今後も見通しは暗そうな問題ではある。信仰ねぇ。

さて、こんなことを考えて沈んでいると沈む話が寄ってくるもので、今日読んで印象深かったページは以下の2箇所。まぁ石を投げれば報われない人に当たる成熟した資本主義社会こと日本なわけですが、みなさん元気ですか? 社会的に報われないことが上記の僕のような「信仰」に向かうきっかけとなる側面はあるような気がしますが、しかし完全に断絶している(いずれにせよ無駄である)ならばむしろ社会的な報われなさに耐えることもできるような気もします。でもなんだか未整理だな。

Permanent Link | Writebacks (1) | Diary | edit
Tagged as:

クラッシュ

2006/12/12 Tue 00:57

使っているノートのシステムが入っているHDDがクラッシュしました(正確には微妙なところなんだけど)。もうずいぶん長いPC歴でもはじめての経験で、ちょっと凹み気味です。今はknoppixでノートを起動して書いています。

まぁこんなこと(更新)してる場合じゃないといえばそうなんだけど、誰にともなく報告したい気がしますね、こういうとき。

とりあえずBecky!のメールデータだけでも退避したいんですが、knoppixから件のHDD(NTFS)にアクセスしようとしても、マウントの時点でどうも引っかかります。実は普通にWindowsを起動すると、ディスクチェックしろと言われるものの無視して進めば起動自体は成功する(こともある)んですが、やはりバックアップをしようとする段で止まってしまい青画面になったりしています。調子の善し悪しがあるあたり、症状は明らかにハードの異常なんですが、なんとかメールデータのコピーだけでも許してもらえないでしょうか...ダメ?

できれば修理に持っていく前に必要なデータだけでも外に逃がしたいんだけどなぁ。ううう。

追記(12/12):knoppixでもWindows回復コンソールでもデータに到達できませんでした。ついにWindowsそのものも起動できなくなった……本格的にダメそう。メーカーの修理窓口いってきます orz

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as:

アイドリング(©江古田ちゃん)

2006/12/02 Sat 07:39

 やらなければいけないことの期限が迫っているのだが、頭も身体も一向に動く気配がない。しかも、やらなければいけないことに向かうときだけ動かないのではなく何事に対しても同様で、些細なことをしようと思ってもやたらと時間がかかる。それに向かうまでに関係のないことをしばらくやってから、やっとのことで少しだけ行動し、またはじめに戻る。

 この動かなさ、動けなさは誰よりもまず自分にとって最も厄介なものであるが、動かないのも自分なのであって、その板挟みでもってまた別の次元で身動きがとれなくなる。自分をコントロールできない、そのコントロールできなさをコントロールできない。そこから先はひたすら反復。

 最近はもしかして身体的なものに原因があるのかもしれないと思うこともあり、だとするとここに書いているような諸々の内省はまったく無駄ということになってしまうのだが、こうなるのが身体的なものだけに決定されていたわけではなく、何らかの他の要因が働いている/いたこともおそらく間違いないわけで、それを捉える作業は無駄というものでもないだろう、と自分を正当化しながらも。

 いやでも本当に、どうしてこうなのかと……と思いながら『僕らの音楽』を見ていたら森山直太朗が阿部サダヲにリクエストされて「レスター」を歌っていて「あぁーそうだよねそうだよね」なんて思わされたり。森山って同世代なんだね、そういやそうだったかもしれない。「さくら」その他の印象から敬遠気味だったけど少しは触れてみるべきか。

 あと全く関係ない文脈からシンクロするように ELLEGARDEN の Salamander (リンク先にPV動画あり)を聴いてまた「うーんだよねだよね」てなかんじになってみたりと、また無生産な時間を過ごしてしまう。こちらは今まで完全にスルーしてたので森山のことよりも収穫だった。といっても Salamander は誰の曲か知らないまま聴いたことがあったけど。

 和風の顔立ちながら妙に流暢な発音の英語でハリウッドで忍者役にもなれそうなヴォーカルの細美武士という人は、プロフィールがかなり興味深い。

ELLEGARDENを結成する前に組んでいたバンドはデビュー目前にして解散。音楽をすることが社会に対する「逃げ」なのかを判断するため就職し、数ヶ月サンフランシスコでプログラマとして働いていた。その後、生形に誘われて音楽活動を再開する。

ELLEGARDEN - Wikipedia

解散と迷い、いいエピソードです。数ヶ月の就職の後、バンド結成が1998年とのことなので、なんかこちらも同世代の臭いがします、数字的な近似以上に。

ロングセールスを記録し、発売から1年以上に渡って現在もインディーズチャート上位にランクインしている。これを受けてバンドの知名度は急速に上昇するが、結果的にボーカルの細美武士をはじめメンバーに戸惑いを与える事となった。その結果、細美はNANO-MUGEN FES. 2005の出演中に涙を流し歌えなくなった。

RIOT ON THE GRILL - Wikipedia

ブレイクして戸惑って泣いちゃうなんて……も、萌えー。「逃げ」にならなくてよかったねぇ。「福岡音楽ポータルサイト FUKUOKAMUSIC.JP」のインタビューを見ても、非常に好感が持てます。「詞は、曲とは裏腹に後ろ向きなものが多く、そこが魅力」になったりするのがわかる感じ。萌えー。

 と、細美氏に癒されてみたわけだが、すでにブレイクを済ませた他人のことなどどうでもよかったのだった。問題は自分のことだ。

 とりあえず自分にとって重苦しい自分がどうにかなるものではない、ということはわかっていたことなので、それはそうなのだとひたすら認識するしかないんだろうなぁ。何も進展してないけどとりあえず癒されたからいいや、脱線で集中力使い果たしたし……というここまでが最近のサイクル。

  • / ()
  • 発送可能時間:

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,