Let's note CF-T2B HDD換装

2007/10/28 Sun 18:27

Let's note CF-T2B (T2BC1A2S) に載っていたHDDが不良セクタを連発して S.M.A.R.T. 警告が出てしまったので、換装しました。作業を行うにあたって先人たちの記録が非常に役に立ったので、私も情報を残します。

基本的手順はテンプレWikiのリカバリ手順の通りに、分解は「『CF-T1』で遊ぼう」を参考にさせていただきました、というかまったくそのままやっただけ。素晴らしいの一言。T2Bに関してはこの先もメンテして行かれる気がしています。

使用した機材のうち、Wikiのリストと異なるものは以下の通り。

  • HDD: HGST (日立IBM) HTS541612J9AT00 (120G 9.5mm)
    • BIG Drive はちょっと不安なので、その下のものを。ついに禁断の「ピン折り」も経験。
  • 2.5inch USB HDDケース: 玄人志向 GW2.5SP-U2
    • 搭載されている IDE-USB 変換チップは NEC D720133 (D720133GB 0649EP021)。テンプレサイトでは Workbit USAT-3 (D8927) 搭載モデルが推奨されていたけど、在庫を発見できなかったのでNEC製チップが搭載されてることが確実視できたモデルを購入(参照:empty blog 2.5インチHDD&玄蔵)。
    • IDE-USB変換チップについて調べていたら、CypressWorkbit(優)・NECの3つを揃えたくなってきたけど、いらない気もすごくする。
  • ミラーリングソフト: Acronis Migrate Easy 7.0
    • Wikiに「以降」と書いてあるので、異なるわけではないけど一応。7.0 でもまったく問題なし。このソフトには今後もお世話になる気がします。Boot CD 最高。

書いてみると大した情報ではないけど、HDD ケースを選ぶ際のチップ情報が少なくて苦労した(個人的に GL-811E は避けたかった)ので、それがメインです(ニッチすぎる)。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | 1 user hatena_bookmark | edit
Tagged as: , , ,

ギア・セカンド

2007/06/26 Tue 03:16

 数年ぶりにコンビニで週刊の漫画雑誌を2冊買った。正確には隔週刊だけど、とにかく中綴じの漫画誌を買ったのはそれくらいぶりのこと。雑誌はだいたい立ち読みで済ませていたんだけど、ほしい部分があったので、ヤングアニマル(No.13 2007.7.13)とイブニング(No.14 2007/07/10)を買ってしまった。

 家に着いて、PCを立ち上げず雑誌を読んでいて、そのまま寝てしまってもいいと思った。「こんな夜は久しぶりだ」――なんて言うと、バトルものの連載が一区切りついたあたりで日常を描いた回のよう(次の敵がゆっくり動き出してるみたいな描写がある回)だけど、本当にそう思ってしまった。

 この10+数年ほど、とにかくテレホーダイに加入した頃くらいから、僕の夜の時間はそのほとんどがネットに注がれてきた。大部分はウェブとそれに関連するサービスに向かい、そのほかにチャット/インスタントメッセンジャーとかメールとかニュースとかも入ってくるかもしれないが、とにかくネットに膨大な時間を費やしてきた、あるいは責任転嫁するならば、奪われてきた。もちろん忙しくて疲れた日はPCを起ち上げずに寝てしまうこともあったけど、今日はそういう日ではない。少なくとも1~2時間はネットをする程度の余裕がある、にもかかわらずPCは起動しなくてもいいかと思った。こんな夜は久しぶりだ……。

 とはいえ、こうなる徴候は以前からあった。僕はだいぶ前から、ネットにはもう飽きていると自覚していたからである(たぶんログを漁ればどこかに書いてある)。そして間違いなく、ウェブを用いた各種サービスが一定の成熟を果たしたことが最も大きな理由だろう。

 常にアンテナを張り巡らしていなくても欲しい情報は欲しくなったときに探せば手に入るだろう。今日新しく見つけたものはすでに誰かが見つけているだろう。だから自分でわざわざ発信する必要もない。情報周知だって、他人か自動システムがやってくれるはずだ。こういう認識に至るのは、サーチエンジン、フォークソノミーの行き届いたソーシャルブックマーク、BBS、SNSの普及と成熟があってのことだ。もちろん、作る側、使う側双方において人的リソースが増大した結果であることは言うまでもない。

 僕個人だけの変化であれば全体には特に影響を及ぼさないであろうし、少なくともある側面において、このことは僕にとってむしろ「解放」である。以前よりも期待は小さくなっているが、しかしPCに向かっていないときに大きな損をしているような、その間になにかすごい出来事を見逃しつつあるような気持ちになることもない。PCの前ではないどこかでそういうことに遭遇する可能性が、少なくともPCの前と同じ程度にはあるんじゃないかというこの想定は、僕の気持ちと足取りを充分軽くする。

(ちなみに、僕は携帯ではほとんどネットを利用しない。しかし携帯でも事は同じじゃないかと思う。電車やバスに乗っている間や、外で食事を食べ終わってから店を出るまでの少しの時間に携帯を開きたくなる衝動は、僕の「重い気持ちと足取り」にとても似ている気もする……が、単なる手持ちぶさたの解消もありそう)

 しかしもし一個人だけのものでなかった場合、果たして、ウェブにとって、ひいてはネットにとってどういう効果を生み出すのか。これは、ネットに向かう個人が持つ、送信or受信するぞという衝動の強度が減退するということである。もちろん求められるインフラとしては盤石であろうし、そこにある程度の人口が維持されるなら仕組み・情報(内容)ともに代謝も維持されそうな気もするが、やはり強度の弱いノードがゆるやかに、微かに振幅しあうようなイメージも浮かんできてしまう(わかりにくい比喩だけど)。

 あるいは成熟の穏やかさというような良い面を見出すことはできるかもしれない。ある種の熱狂の中で一丸となってあらぬ方向へ進むようなことが抑制されるとすれば、その点は良いのかも。この「熱狂」とは、いわゆる「祭り」のことでもあるし、技術的イノベーションの連続を伴う競争状態のようなことでもある。しかしいずれにせよ、相対的に面白そうだとは感じないかなぁ。

(面倒なので情報の多段階流通のようなこと、たとえばブログにおける一次・二次……リンクであるとかSBMにおけるアルファ・ベータ……ブックマーカーのような階層・格差の問題まではあまり考えたくないけど、その固定化がつまらなさにつながることは同じだと思う)

 こんなことも、Web 2.0という言葉が出始めたあたりかもっと前に誰かが言ってそうだなぁ、と思ってしまえるところが僕の現状認識を示している(あるいはもしかすると、これは各世代がある時期同じように抱く懐古の情なのかもしれない)。エンジンブレーキは確実に効いてきている。とはいえ、このように思ったことをこのタイミングでウェブに書き残そうと思わせるあたり、根強いトルクを感じずにもいられないけど。

追記:「ログを漁ればどこかに書いてある」と書いたけど、更新した直後にRelated Tagsが示唆してくれた記事がまさにその一つだった。フォークソノミーマンセー。2年半くらい前の記事だけど、その期間で「ブログあんま更新しない→寝る前にウェブ見ない日があってもいい」まで来たということか。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,

もうすぐ30才

2007/05/08 Tue 01:58

 やらなければいけないことにまったく手が付けられない。おそらく一般的には「怠惰」の一言で片付けられてしまう状態であり、僕自身もそれを否定するつもりはまったくないのではあるが、しかし「怠惰な状態を打破するべく頑張らなくては」と意気込むだけで打ち破れてくれるわけでもなさそうなので、ちょっと考えてみる。

 やはり自分が思ったように事が運ばないというのはなかなかつらいもので、しかもそこそこ時間をかけてなお進展が見られないと、その対象(していること、するべきこと)を時に意識的に、時に無意識に回避するようになってくる。そして回避することが慢性化してくると、もともと持っていた能力であるとか記憶だとか、できないなりにも多少は蓄積されていた経験までが徐々に鈍ってきてしまう。

 たとえば「ああ、さすがにヤバイ」と思ったり、あるいは別の何らかのきっかけで少しやる気を取り戻すことがあっても、慢性的回避を経た後だと、自分の能力・経験が鈍っていることを痛感してさらにストレスが溜まる。前はできたことができなくなっていたり憶えていたことを忘れていたりするので、以前通過した箇所を再び辿り直さなくてはならない。まず効率が悪いし、一度やったことなので新鮮味も失われている。

 ここで問題になるのは、自分が「思ったようにできない」と感じているという部分である。つまり自分で自分に対して予測しているような能力や結果を、自分が発揮・達成できないことが回避につながっているわけで、自己を誇大評価していることが推測される。この点を修正すれば、あるいは少し現状を打開できるかもしれない。

 この原因はおそらく二つの方向から考えることができる。一つは、自分に誇大妄想の傾向があるかもしれないこと。仮にそうであるならそれは元々の性質なのだろう。自分の姿をより客観的に見つめる戒めを自らに課すことはできるとしても、改善されるまでには少し時間がかかりそうだ。ただし、多少は自分の能力に対して過大な期待を持っておかなければ成長もしないので、過度な期待は戒めるにしても程々なところまでにする必要はある。そんなことで、こちらの面はもう一つに比べるとあまり重要ではない。

 もう一つの重要な原因とは、年齢から来る衰えと折り合いがついていないかもしれないこと。30を越えると、巷で語られる通り記憶が怪しくなってくるもので、僕の場合は特に短~中期の記憶が怪しい。つまりここ最近の記憶がけっこうアテにならない、という機会が増えてくる。30歳を過ぎる頃になると日々の生活の中で扱う情報量が増えキャパシティを超えてくるという事情もあるのだろうが、一方でやはり身体的・器質的な衰えも確実に進んでくるのだろう。また記憶だけではなく、疲れやすくなったり、溜まった疲れの回復が遅くなるということも、やはり世間並みに出てきているようだ。

 こちらのほうは、もともとの性質ではなくて、比較的最近になって起こってきた変化である。だから予測できないことも多く、戸惑いやストレスを感じやすい状態にあるのだろうと思う。時間が経てば慣れる類のことではありそうだが、もう少し早く調整されることを希望したい、って誰に言ってるのかわからないが、問題は「思ったようにできない」つまり「結果が予測を下回る」状態を改善することである。身体的・器質的な衰えを根本的に改善することはできないだろうから、予測のほうに修正をかけるしかない。第1段階は「『思ったようにできない』ことはすでに予測済みだぜ?」というあたりから始めて、「予想したのと同程度、できない」(できなさの程度の予測は当たっている)を経過し、「思っていたようにできる」段階、予測と結果が一致する最終段階に至れば、自分との折り合いは一段落しそうである。

 さて、自分はどの程度できなくて、どの程度はできると期待できるのか。少し怖いところもあるけど、過剰な期待かなぁと思って見ていたら意外とできる自分も発見できるかもしれないし、まぁ一つの楽しみとするのが吉かもしれない。

 先入観を捨てて自分の現在の姿を捉えた結果、その能力が外部からの要求水準に満たないことも、おそらくはあるだろう……特にスピードの部分で、すでに手遅れということも十分に考えられる。であるとしたら、やはり要求基準の側に妥協を求めるしかないのか。合い言葉は「ベストを尽くした」とかで。まぁここで外部からの要求・評価という項を入れるとまた複雑になってくるので、ひとまず手仕舞い。

 と、ここまでは昨日の夜に書いて、アップするのが面倒だったのでそのまま寝てしまったら、一夜明けて七日、大関の栃東が引退することを知った。多くのケガも抱えていたけど、最終的なドクターストップの要因は高血圧と脳梗塞。相撲が身体にかける過剰な負荷は想像に難くないけれども、それでも30歳で脳梗塞はまだ……まぁ、若くはないということなんだろうな。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: