Page 35 / 35 |<< < 27 28 29 30 31 32 33 34 35

シベリア少女鉄道 vol.10 『天までとどけ』

2004/05/06 Thu 20:00

新宿シアター・トップスにて観劇。急に演劇に行きたくなって、開演の数日前に公式ウェブから自由席を申し込んだので良い席は期待してなかったんだけど、実際に行ってみたら意外にも「自由席は最前列の座布団席です」とのことで、前から2列目に座れてしまった。しかも前には人が来ず、事実上の最前列。

「テトリス」が倒れてきそうで怖かったという初日にふさわしいハプニングもあって、かなり楽しめた。きちんと(ほぼ)全消しパターンになってました。でも「テトリス」に意識を奪われすぎてストーリーがよくわからなくなっちゃったのが残念といえば残念。体操をモチーフにした青春ドラマで嫌いじゃない内容だったんだけど。でも、いくつか評を読んでみると、こういう演出が持ち味らしいですね。土屋亮一自身が出演していたことをあとから知ったけど、どれだったのかわからず。これで2,500円ならまた行きたいな。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as:

GW 最後の日

2004/05/05 Wed 20:00

押入れの奥に入っていた古い雑誌を整理したり書類を処分しつつ『ピクミン2』をやってたら1日終わった。『ピクミン2』は、とりあえず借金完済。「おたから」コンプリートまではまだまだかかりそうな気配。前回よりゆっくり楽しめそうでいいですな。「おたから」の数々を見ていると、宮本氏をはじめとするスタッフ陣の横井軍平氏に対するリスペクトが表れていて、なんかいいなぁと思ってしまう。軍平フォーエバー。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as:

2004/05/02 Sun 20:00

昨日は忙しくて返せなかったビデオを返却しつつ、今週はビデオをお休みにしようと思っていたのだが、『片腕カンフー対空飛ぶギロチン』のDVDが入荷されていたので即座に前言撤回、『ヒューマン・ネイチュア』も一緒に借りてしまう。『ヒューマン・ネイチュア』は、ミシェル・ゴンドリーそっちのけでスパイク・ジョーンズとチャーリー・カウフマンが強調されているジャケットが切ない。

昨日買った知恵の輪『スパイラル』は、一つずつできることを試していったらいつのまにか元通りになりました。外すのも戻すのも、5つのパーツがほぼ同じ形に見えるので一見わかりづらいけど、動かせる可能性の範囲は狭いので、端からつぶしていけばいつかはたどり着けると。運が良ければ初めてでも一瞬で外れちゃうかも。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , ,

今日の鑑賞と買い物

2004/05/01 Sat 20:00

  • クエンティン・タランティーノ監督『キル・ビル Vol.2』
  • エンキ・ビラル監督『ゴッド・ディーバ』
  • 『ピクミン2』(任天堂)
  • 芦ヶ原伸之監修『キャスト スパイラル CAST SPIRAL』(はなやま玩具)

チネチッタ川崎で映画鑑賞。1日に3本観られるスケジュールを組み立てて事前にネットで予約しようとしたら、スケジュールに入れた回は全て満席。当日の販売もあるようだったけど、GWということもあり危険な賭けはしたくなかったので、2本に減らして時間帯をずらしてみると、いい席がとれました。

特に『キルビル』は視線を水平にすると画面中央に合うという、これ以上考えられない好位置。今回は前回に決着がきちんとつきましたね、という点だけでいいんじゃないでしょうか。個人的には修業シーンが入っていただけでもオッケーですよ、もう。でも、仮に笑うとすれば師父と出会うシーンくらいのもので、残りの部分は全編にイヤ~な空気が支配していて、マジメな方向で好みではありました。

映画の合間が1時間くらいあったので、ヨドバシカメラに移動。『ピクミン2』を買おうと思ってポイント残高を確認したらけっこう貯まっていたので、全額ポイントで精算。それでもまだ残っていたので、おもちゃコーナーで「キャストパズル」シリーズを物色。しばらくチェックしてなかった間にずいぶん新作が出てる。今回はシンプルな見た目に惹かれて『スパイラル』を選択。

『ゴッド・ディーバ』(この邦題、誰がつけたの?)こと "immortel" は半分仕事みたいな気分で席に座ったけど、思ったよりもなかなかよくできていて、失礼ながら「期待以上には」楽しめてしまった。フルCGキャラ以外のハリウッドの攻勢を受けながらもなんとかそれぞれ独自の映画産業を維持し続けている国で作られたVFX映画という点では『CASSHERN』とよく似ている。原作も一方は漫画、一方はテレビアニメだし。本当は『CASSHERN』も入れて比較してみたかったけど、こちらはオールナイト以外満席だったのでした。

『スパイラル』は、いろいろやりながらさわり続けて3時間くらいで外れました。しかしこれは、キャストパズルの中でも元通りの形にはめるのが特に難しそうだな……パーツの見分けがまったくつかないし。さて、次は難易度6の『エニグマ』か『ニューズ』に挑戦したい。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , ,

テスト用エントリー

1980/01/01 Tue 00:00

テスト用エントリーです。内容は保証されません。î &

  • / ()
  • 発送可能時間:

  • / ()
  • 発送可能時間:

  • / ()
  • 発送可能時間:

  • ¥

 -

 - テスト用テキスト

  • ¥

以下Wiki-likeマークアップ

強調 (em) もっと強調 (strong) さらに強調 (em+strong)

''強調 (em)'' '''もっと強調 (strong)''' '''''さらに強調 (em+strong)'''''
h5

h4

  • 1段階
    • 2段階
      • 3段階
        • 4段階
          • 5段階
          • -6段階
  • 1段階
      • 3段階

-1段階
--2段階
---3段階
----4段階
-----5段階
------6段階
-1段階
---3段階
  1. 数字付き1段階
    1. 数字付き2段階
  2. 数字付き1段階
    1. 数字付き2段階
      1. 数字付き3段階
      2. 数字付き3段階
    2. 数字付き2段階
  3. 数字付き1段階
  • 1段階
  1. 数字付き1段階
    • 2段階
    1. 数字付き2段階
  1. 数字付き1段階
      • 3段階
      1. 数字付き3段階

まままま みみみみ むむむむ

↓通常pre

>|
>||
>>
通常PRE
無整形

無整形
HTMLタグ
éntity
-あいう
--えおか
+きくけ
++こさし

↓スーパーpre

>||
>|
>>
スーパーPRE
''無整形''

無整形
<em>HTMLタグ</em>
&eacute;ntity
-あいう
--えおか
+きくけ
++こさし

引用

引用はじめ(同行) >| >|| インライン
引用内引用 >| >||

引用内の段落(p)

整形して 整形して -あいう --えおか
+きくけ ++こさし

>>引用はじめ('''同行''')
>|
>||
'''インライン'''
>>引用内引用
>|
>||
<p>引用内の段落(p)</p>
整形して

整形して

-あいう
--えおか
<<
+きくけ
++こさし
<<
あいうえおかきくけこ
さしすせそたちつてと
なにぬねの
あいうえおかきくけこ
さしすせそたちつてと
なにぬねの
はひふへほ
まみむめも
符号記号16進数備考
CR (Carriage Return)\r0d本来は「先頭に戻る」というような意味。
LF (Line Feed)\n0a本来は「次の行(真下)へ移る」というような意味。\nはOSによって定義が異なる(Unix:0A Win:0D0A Mac:0D)。
SUB\$1a
TAB\t09
CR
Carriage Return
LF
Line Feed
あいうえおかきくけこ
あいうえおかきくけこ
あいうえお
あいうえお
あいうえおかきくけこかきくけこ
あいうえおかきくけこかきくけこ
あいうえおかきくけこ
あいうえお
あいうえおかきくけこ
あいうえお

普通の段落

もういちどWiki記法開始

閉じないままやめる

Permanent Link | Writebacks (13) | Diary | edit
Tagged as: , , ,

Page 35 / 35 |<< < 27 28 29 30 31 32 33 34 35