Page 8 / 35 |<< < 4 5 6 7 8 9 10 11 12 > >>|

category_titleプラグイン

2006/04/02 Sun 23:27

kyoさんのentry_titledate_titleプラグインを参考にして、カテゴリーもtitle要素に入れられるプラグインを書いてみました。ベターな解決がすでに存在するかもしれませんが、一応公開(kyoさんが作ってないのは、わざわざ作るまでもない方法があるから?)。

ファイル名をcategory_titleとしてpluginsディレクトリへ入れて、head.flavourの中に$category_titleを追加してください。$individual_flagを1にすると、個別エントリーを表示する際にもカテゴリーを表示することができます。
DOWNLOAD

追記(4/3):ああ、categoriesで$categories::titleが使えるじゃんorz というわけでまったく意味がありませんでしたとさ。でも個別エントリー表示のときタイトルにカテゴリを入れるかどうかの選択ができる点だけは意味があるかな。

Permanent Link | Writebacks (0) | Blosxom | edit
Tagged as: ,

スパム対策

2006/04/02 Sun 18:15

コメント/トラックバック(つまりwriteback)スパム対策をさらっと探してみたら、すでに同じ悩みを抱えていたblosxomerたちが対策を考案されていて、前回紹介したCAPTCHAプラグインのほかにも複数の選択肢があった。

まとめとしてとても参考になったのは以下の2エントリー。

で、上の選択肢の中ではcolor99さんのspam_blockerが使いやすく、かつ求める機能も十分満たされているようだったので、さっそく設置。特に難なく動いてくれているようで、素晴らしい。このまましばらく様子を見てみようと思う。

同時にhail2u.net/all about blosxomのkyoさんの手になるentry_titledate_titleを設置(date_titleはちょっといじった)。非常に快適。

しかし、クリエイティブであろうとしなければ、ストレスを抱えずに生きていくコストは小さいなー。まぁ僕が楽をするためには誰かがクリエイティブでいてくれないといけないし、クリエイティブであれという圧力は常にあるわけだけど、それはすなわち苦しく生きていけという指示にもなってしまう。んでそういうのが「ストレスのある人生には張りがある」というようなストレス肯定論へとつながっていくのかしら。まぁそこにいくばくかの真理があると思わなくもないけど、楽に生きたいと思って実際にそうしてしまう人の気持ちもよくわかる。

ともあれ、hackerのみなさま、とりわけcolor99さんとkyoさんに感謝。

Permanent Link | Writebacks (0) | Blosxom | edit
Tagged as: , ,

トラックバックSPAMuzeeeeeeeeee

2006/03/28 Tue 05:27

ついさきほど、うちのエントリーに対して一斉にトラックバックSPAMが送信されたらしく、去年くらいまでのエントリーそれぞれに20件とかついてる。

うー、CAPTCHAプラグインを使いたくてもサーバにfigletが入ってないようだし、コメントには有効でもトラックバックには無力(writebackプラグインは両者を区別しない)。こういうときは個人運営は弱いなぁ……いい方法はないだろうか。既存のサービスを使ってしまえばいいんだろうけど、あまり乗り気にはならないし。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,

ある悪から目を反らしてもらうTips

2006/03/23 Thu 19:15

Winnyを利用したウィルス拡散による情報流出の件ですけどね、ここ一連の政府やマスコミ(IT専門系を除く)の対応を見ていると、Winnyが著作物を効率的に共有するために使われているという側面への注意がおろそかにされている気が。

 「情報漏洩を防ぐ最も確実な対策は、PCでWinnyを使わないことです」――。15日、多発するウイルス「Antinny」による情報流出に、安倍晋三官房長官が異例の呼びかけを行なった。

「Winnyを使わないで」安倍官房長官が国民に呼びかけ (INTERNET Watch)

そもそも、Winnyを使用しない限り問題は発生しませんが、個人レベルでその有用性を享受する自由は残されています。ただし、個人的にWinnyを使うのであれば、Antinnyの侵入を防ぐためWinnyによるダウンロードファイルの拡張子を毎回確認すること、情報漏洩の危険性を踏まえ、Winny搭載マシンには個人情報は一切入れない、残さない、といったことが最低限必要となります。

ファイル共有ソフト、Winnyを悪用するウイルス Antinnyに注意 (McAfee)

情報流出を防ぐには
ウィニーを使わない
パソコンを2台持ち1台はウィニー専用にする

THE NEO_SOKU (つ・ 3 ・)つ:ちょwwwwwwwwwwwwマスコミwwwwwwwwwwww

上に引いた表現のうち、すべてが「情報流出の危険があるからWinnyを使わない」という注意喚起であって、「Winnyを使って著作物を共有しない」という主張は行われていません。それでも「Winnyを使わない」のであれば著作権侵害をも同時に防げるのでまだいいわけですが、今回のようなケースとなると、彼らは「それでもWinnyを使っちゃう人」への注意を用意しなければなりません。すると、それは「情報流出を防ぎながらWinnyを使う方法」を示すことになるというわけです。

マスコミを利用したメッセージ伝達では、できる限り情報を絞り込み、最も伝えたいメッセージを効果的に表現することが求められ、「一つの機会には一つのメッセージ」が原則ともなっているわけです。

これを逆手に取って、いけない目的を促進するために利用することもできる。つまり、ある悪への注意を軽くするには、もっと緊急を要する危険を用意すればいい。Winnyに関して「著作物の共有」に言及する余裕を与えないHD公開ウィルスの拡大は、こういうTipsに還元できるのではないかと思います。テロの脅威を盾にイラク駐留を正当化する梅毒大統領もこんなかんじですけども。

Winnyそのものと、Winnyを著作物共有に利用することと、Winnyを介してウィルスを拡散させることと、ウィルス混入ファイルを実行しちゃうこと、このそれぞれをきちんと分けて考える意識が、政府やテレビレベルで共有されることを願います。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , , , ,

「○○の曲をiPodに入れている」というのはOKなのに、「○○の曲をWinampに入れている」というのはなんかうしろめたい。

2006/03/08 Wed 02:36

2chに書き捨てるようなことですが、掲題のみです。ビジュアリゼーションプラグインの出来がいいことや、(iTunesに比べての)軽快さでWinampを愛用している僕ですが、ある曲やアーティストが気に入っているということを他人に示すための方途として「最近iPodに入れて聴いてるよ」とはぜんぜん抵抗なく言えるし、それはiTunesであっても同じこと。しかし「最近Winampに入れて聴いてるよ」と言うのは、なんとなく抵抗がある。

仕組みの上ではどちらもHDD上にあるデータをプレーヤーのプレイリストに入れて再生させているという表現にすぎない(まぁ検索の違いとかはあるけど)はずなのに。これはおそらくソフトウェアの知名度の問題ではない。

と、iPod/iTunesの功績と罪深さを、ふと再確認しました。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as:

Page 8 / 35 |<< < 4 5 6 7 8 9 10 11 12 > >>|