電車男

2004/05/27 Thu 23:49

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/7075/trainman1.html

案の定というか、公園のところではボロ泣きでした。行定勲には、『世界の中心で、愛を叫ぶ』なんか映画化してるヒマがあったらこっちを検討してみろと(柴崎コウじゃない気はするけど)。『世界の中心~』で泣ける人と友達になるのは難しいが、電車男で泣けない人ともやっぱり友達になるのは難しいと思う。なれなくてもまったく問題ないという声はさておくとして。

自分の中で激しく揺さぶられた青さの揺れが収まった後になっても、まだこのスレには考えさせられるところがたくさんあって面白い。特に、小説より奇なるところの現実(あるいは「現実」だと感じさせるもの)が、当事者の手でこれだけ容易に表出してしまう環境がある今、フィクションの立場は極端に狭くなってしまうかもしれない。ウォーホルの言う「15分間」の連続だけで、少なくとも僕は、一生の間満足できてしまうかもしれない。

追記:映画化については、22歳DTの秋葉チャンが人生ではじめて異性に電話をするとか、美容院に行くとか、少し洒落た服を買いに行ったりすることの重苦しさ、切なさ、やるせなさ、そして美しさを、本人が感じているほどの強度で映画として具現化できる監督が日本にいるかどうかを考えてみたら、やめといたほうがいいのかもしれないとちょっと思った。(5/30)

Posted at 23:49 | Diary | 2 writebacks | edit
Tagged as:

writebacks

MASU (n/a)
某キャシャーンの監督なら…

と考えたが、無駄に終わりそう。

cu39 (n/a)
キャシャーンみてないけど

評判から察するに、あれだな……
宇多田ヒカルの曲をテーマソングにするのはアリだと思います。平井堅だと微妙ぽい。

trackback URI

http://cu39.s57.xrea.com/diary/20040527_densha.trackback


SPAM ロボットを排除するため文字判読テストをお願いしています。画像に書いてある2つの単語を入力してください。単語の間には半角スペースを入れます。