メモ:楽天のテナントからのメールを自動で振り分ける条件

2005/03/17 Thu 02:34

楽天に出店しても、楽天はメールアドレスを発行しないので、それぞれが独自のメールアドレスを用意しなければならないらしい。送られてくる各種お知らせのメールのFromに入っているアドレスも、ドメイン名はテナントによってまちまちである。なので、Fromヘッダに一つの条件を与えて振り分けることはできない。また、Subjectも統一されたフォーマットはないようで、やはり利用できない。

しかし、お知らせメールのReturn-Pathヘッダには、必ずrmail@rmail○○.rakuten.co.jpまたはrmail@mail○○.rakuten.co.jp(○○には2ケタの英数字が入る)というアドレスが入っている。ここから、楽天のテナントが顧客にメールを送信するときには楽天のサービスを経由しているらしいことがわかる。このヘッダを振り分けに利用する。ここでは特に、Becky! の「フォルダへの振り分けルール」を設定することを考える。

ヘッダ
Return-Path
文字列
rmail@r*mail[0-9]+\.rakuten\.co\.jp

「文字列」には正規表現を入れているので、「正規表現」のチェックボックスをチェックする。おそらくWinな人はフォントの関係でバックスラッシュになっているが、Bedky! に入力するときは¥マークになる(念のため)。「[0-9]+」の部分は、より厳密にするなら「[0-9]{1,2}」と反復回数まで指定したいところなのだが、パターン反復回数の記法はサポートされていないようなので「+」とした(\dもサポートされないらしい)。

参考:
メールヘッダーについての理解 (The Life with Steels)

追記:メールアドレスが2パターンあることがわかったので、正規表現を修正しました。

追記(2008/12/07):11月25日09:00に届いたメールから Return-Path のアドレスが変わってたので対応。

[0-9]+@rmailmf\.rakuten\.co\.jp

ちなみに、記事ではフォローしてませんが、その直前までは以下の正規表現で振り分けてました。

rmail@rmail1[0-9][0-9]c\.rakuten\.co\.jp

Gmail は rmailmf.rakuten.co.jp でフィルタしちゃうだけで済みそうな気がします(公式系メールの Return-Path とバッティングしないようなので)が、未テスト。Gmail では以下の長ったらしい条件を「キーワード」に入れて使ってます。Received などにヒットして振り分けられるんですが、この前まではこれが Return-Path にも入ってたわけです。

((rmail101c OR rmail102c OR rmail103c OR rmail104c OR rmail105c OR rmail106c OR rmail107c OR rmail108c OR rmail109c OR rmail110c OR rmail111c OR rmail112c OR rmail113c OR rmail114c OR rmail115c OR rmail116c OR rmail117c OR rmail118c OR rmail119c OR rmail120c OR rmail121c OR rmail122c OR rmail123c OR rmail124c OR rmail125c OR rmail126c OR rmail127c OR rmail128c OR rmail129c OR rmail130c OR rmail131c OR rmail132c OR rmail133c OR rmail134c OR rmail135c OR rmail136c OR rmail137c OR rmail138c OR rmail139c).rakuten.co.jp)
Posted at 02:34 | Diary | 0 writebacks | 1 user hatena_bookmark | edit
Tagged as:

writebacks

trackback URI

http://cu39.s57.xrea.com/diary/20050317_rakutenmail.trackback


SPAM ロボットを排除するため文字判読テストをお願いしています。画像に書いてある2つの単語を入力してください。単語の間には半角スペースを入れます。