2006/04/16 Sun 18:45

個人的に繁忙期に入るので、少し生活を変えてみようと思う。どこを変えるかというと、今現在ネットにかけている、あるいは吸い取られている時間を減らしたい。とはいえ個人的なメール送受信(SNSのメッセージ機能も含めて)は減らすわけにもいかないので、主な削減対象はウェブ閲覧の時間である。

僕のネット歴はだいたい10年前後なのだが、1日のうちウェブ閲覧が占める時間は概ね増大の一途であった。少なくとも意識的に減らすのは今回が初めてといってもいいくらいだと思う。これは必要からそうしていたというよりも、耽溺または依存していたと表現するほうが相応しい状態である――あるいは、帰ってきてテレビつけちゃってそのままダラダラ見続けてしまうような感覚のほうがより近いかもしれない。ともかく、それを初めてカットしてみようと思う。

さて、そうすることで起こりそうな変化はいくつかあるが、「世間から取り残される」という漠然とした不安が僕を今まで耽溺した状態にとどめおいたのは間違いなく、今回もその種の不安はある。しかし以下のようないくつかの疑問を抱いてもいる。

  • 本当にウェブを見ていれば世間から取り残されずに済むのか
    • まぁウェブを見なかったとしたら、多少の「取り残されている」感は出るだろう
    • でも、過剰にウェブを見ることが、ある意味取り残されることにもなるのでは
      • つまり僕のリアルな周辺におけるウェブ情報の評価の問題で、実生活の価値基準では必ずしも要らない情報が多い(将来的には未知数だが、それ以前に現在が切迫しつつある)
  • たとえ世間についていく必要があるとしても、現在チェックしているすべては必要ないのでは
    • 硬軟とりまぜた情報をひとくくりに論じても意味がなさそう
    • 個人的に苦手な、取捨選択作業のいい練習になるかも

と、まぁいろいろ書いてみたが、要するに、あえて「取り残され」てみるのも面白いかも、と感じているのが大きい。実はそれほど大したことなかった、と判明するのは、それはそれで怖いけど。

たとえ取り残されても永遠にその状態でいなきゃいけないわけでもないし、実はそれほど取り残されなかったり、取り残されても追いかける必要を感じなくなるのならそのままでもいい。

と、何をいまさらというような話で、多くの人は細かく考えずこういうシフトができるものなのかもしれないが、個人的にはそれなりに大きな発想の転換だったりする。とりあえず今月いっぱい試してみるか……実行できるかどうかのほうが問題だな、まず。井上雄彦の発言を反芻して取り組んでいきたい。

  • / ()
  • 発送可能時間:
Posted at 18:45 | Diary | 0 writebacks | edit
Tagged as:

writebacks

trackback URI

http://cu39.s57.xrea.com/diary/20060416_kou.trackback


SPAM ロボットを排除するため文字判読テストをお願いしています。画像に書いてある2つの単語を入力してください。単語の間には半角スペースを入れます。