中田英寿の引退と、「人に頼りたくない」願望について。

2006/07/10 Mon 02:53

 さて、これからワールドカップ決勝なわけだが、今さら感もありつつ中田英寿の話を書いてみようと思う。

“人生とは旅であり、旅とは人生である” 2006.07.03 - nakata.net -- 中田英寿オフィシャルホームページ

 サッカー選手のはじめての引退宣言を信用していいものかどうか迷うところだが、とりあえず彼が「引退」という言葉を口にしたのは事実。29歳での引退を「早い」と評価する声もあり、僕自身としてもそう思うところはあけれども、しかし彼にとってはその「早め」のタイミングが重要であったのだろう。それはなぜか。

 中田はこれまでにも「大学へ行きたい」と語ったことはあったし、先日には、今後ハーバードでMBAを取得しようと計画しているという話も伝えられた。以前から彼は「次」のこと、つまりサッカー以外の進路を考えている――少なくともどこかにそういう希望を持っていることは知られていた。

 以前、中田がインタビューに応える様子をテレビで見たことがある。そこで中田は恋人について聞かれており、彼は「自分は一人でなんでもできるようになりたい。だから恋人も必要なものとは考えられないので、長続きしない」という内容の返答をしていた。記憶頼りなのでその発言をはっきり示すことはできないのだが、彼は、あることをするために誰か他人が必要になってしまうのは避けたい、ということを言っていたはずである。

 できるだけ他人に依存したくない。「恋人」という枠を外し、上のコメントの意味を深く解釈すればそういうことになる。このチームスポーツの選手としては致命的とも言える意識は、しかし確かに中田のなかにあったのだと思う。

 さて、ここで僕自身の話になる。僕は先のインタビューを聞いたとき、深く共感した憶えがある。僕にもできる限り他人に頼りたくないと思う傾向がある。もちろん自分が万能になることはできないが、できる限りその範囲を広げたいと常に考えている。逆に、ひとつのことをあまりにも長く、深く続けてしまうことには抵抗がある。特に、ある程度熟練し、それ以上に上達するためには何か他のことを犠牲にしなければならないような場面に出くわすと、むしろ「これはもういいか」と思ってしまうことが多い。

 中田はサッカーについて、上のような脈絡で「これはもういいか」と思っているんじゃないかと思うわけである。もちろん、そこには29歳という要因も関わっており、そうしたタイミングの「良さ」が「引退」発言につながったという考えは、そう的外れではないだろう(そしてたぶん、目新しいものでもない)。

それにどうにか気づいてもらおうと俺なりに4年間やってきた。
時には励まし、時には怒鳴り、時には相手を怒らせてしまったこともあった。
だが、メンバーには最後まで上手に伝えることは出来なかった。

 僕は、なぜ「できるだけ自分でやりたい=他人に頼りたくない」と思うのか。その一つは、コミュニケーションがそれほど得意ではないという要因による。その意識は、コミュニケーションは面倒だという考えにもなっていく。だから、他人に目的や手順を伝えて代わりに実行してもらうコストを考えると、「自分でやったほうが早い」と考えてしまう。でもどうしたって自分にできないことはある。色々な場面で、そのたびに「これが自分でできたらなぁ」と思うようになる。コミュニケーションにそれほど時間を割こうとは思わないので、何かを学んだり練習したりする時間が相対的に増える。ストイックなイメージを持たれることも多くなる。

 もう一つの「他人に頼りたくない」理由は、何であれ他人に依存してしまった上でその人がいなくなった場合のリスクを必要以上に気にしてしまうためである。こういう意識がなぜ芽生えたのかと自分を省みてみると、自分が経験した社会変化がひとつの大きな要因だったのではないかと思う。

 僕は中学から高校時代にかけてバブル景気を経験し、社会人が湯水のごとく経費を使う話だとか、上の世代が大学で遊びまくる話だとか、易々と就職を決めてゆく様子だとかを、自分が近い未来に立つであろう状況として経験しながら育った。しかし自分がそこに立ったときには、その想定を修正せざるを得ない状況になっていた。自分の能力がなければ有利な立場には立てない、という意識は、このときに芽生えた気がしている。現在その状況はより先鋭化し、(かつての)平均的な社会生活すら競争に勝たなければいけない(と多くの人が言う)状況になっているが、そこに至る坂道の最初の世代が70年代中頃生まれである。つまり、「自分をとりまく状況はいつ変化するかわからない」というリスクヘッジ意識が比較的大きなインパクトによって刷り込まれたところが、「他人に頼りたくない/頼ることはできない」という意識に結びついているのではないかと、自分では考えている。

 中田英寿と僕との間には、大いなる格差がある――それは収入、素質、努力、「現実」に適応する力(ある程度は何かを犠牲にして一つのことを追求できる継続力、次の進路に経営学を選ぶしたたかさ)、チームスポーツで一流になれる程度には持っている社会性など、枚挙にいとまがない。だがそれでも、どうしてもまったくの他人とは思えないところがある。その数少ない部分は、上に述べた通りである。その似た部分で考えると、今回の彼の決断はとても共感できるし、それほど驚くべきものでもない。彼にはやりたくてもできなかったことが数多くあるだろうし、そうしたことへのこだわりも強いだろうから。

 これは単に自分語りであるに過ぎない。でも中田と僕の考え方に似ているところがあるとは感じるし、それはもしかしたら1976~77年生まれという世代(あるいはそこを中心とする数年の世代)のひとつの傾向を示しているのではないかとも思っている。だがそうであるとすれば、あまり喜ぶことのできない社会変化に適応しようとしてしまっていることになる。万能に近づこうとする形で自分を高めることにつながっていると考えればポジティブに働いているのではあるが、その姿勢の背景は悲しいものである。

 社会変化ということについてはもう一つ、70年代半ば生まれがしばしば「狭間の世代」「無風世代」などと呼ばれていることも付け加えておくべきかもしれない。この世代には、その世代を強烈に彩るようなものが乏しく、一言で言い表すのが難しい。つまり前後の世代とのコミュニケーション基盤があまり強くないことが、コミュニケーションへの苦手意識を持たせることになっているかもしれない、ということである(だがこのことは、両方の世代とコミュニケートする可能性にもつながっているかもしれない)。

 まあこれも、大ざっぱな世代論ではある(世代論はだいたい大ざっぱだけど)。しかし自分の周りを眺めてみるに、コミュニケーション不全だったりストイック気味だったりする同世代はけっこう多い。これは僕自身がそういう人間だから似たような人間が周囲に増えるというようなことだと思っていたのだが、どうにも中田の姿を見ていると、やはりもっと大きな問題が関係しているような気がしてきてしまう。だとすれば、せめて彼にささやかな共感をしめして「我々」感を噛みしめてみたいかなと。

 まぁ僕は「なんでも自分でやろうとする」という傾向をそれなりに気に入っているし、そういう他人も嫌いではない。コミュニケーションなんかしないで、いろいろ手を広げるのもいいだろう。周りに煙たがられても自分でやればいいじゃない。専門分化なんか欠落だらけの人間の寄せ集めだと思いながら、いろいろできるやつになっちゃえばいいじゃない。とりあえずヒデは「自分探しの旅」なんていう語彙を使う凡庸さから脱してほしいと思います! がんばれ!

 と、明らかに適当なまとめになってますが、これからまさにW杯決勝がはじまるので仕方ないのです。ではまた。

Posted at 02:53 | Diary | 0 writebacks | edit
Tagged as: ,

writebacks

trackback URI

http://cu39.s57.xrea.com/diary/20060710_turning.trackback


SPAM ロボットを排除するため文字判読テストをお願いしています。画像に書いてある2つの単語を入力してください。単語の間には半角スペースを入れます。