Buffalo WRP-AMG54 設定メモ

2010/02/16 Tue 21:56

無線 LAN 中継機 Buffalo WRP-AMG54AOSS を使わず設定する必要があったので、手順をメモ。Windows XP を使って設定する場合の手順で、「AOSS に対応していない無線環境で使うには」では足りなかった情報を補完。

ハマったのは、最初に設定用 PC と中継機を実運用ネットワークから論理的に切り離した状態で設定を行わなければいけないという部分。OKWave の情報がなければわからなかった。

中継機の無線 LAN 設定(ESSID、暗号化規格など)は「エアステーション設定ガイド」でどうぞ。

参考

準備

手順

  1. 本体の電源をつなぎ、さらに本体と Win 機の LAN コネクタをストレートケーブルで直接つなぐ。
  2. 設定に使うマシンの IP を、実運用しているネットワークから切り離す(ここでは 192.168.1.0/24 を実運用ネットワークと想定し、設定用に 192.168.20.1 と 192.168.20.2 を使う)。後で元に戻すので、設定内容を覚えて/メモしておくこと。
    1. コントロールパネルから「ネットワーク接続」を開く
    2. 「ローカルエリア接続」を右クリックしてプロパティを開く
    3. 「インターネット プロトコル(TCP/IP)」を選択して「プロパティ」ボタンを押す
    4. 「全般」タブ内の「次の IP アドレスを使う (S) :」の部分、「IP アドレス」に 192.168.20.2 、「サブネットマスク」に 255.255.255.0 と入れて「OK」(サブネットマスクはお好みなら 255.255.255.252 で充分)。
  3. エアステーション設定ツールを起動。
  4. ステップ3 無線親機に中継機を無線で接続しよう」の通り、エアステーションに設定用 IP アドレスを与える。
    1. 中継機がリストに出ていなければ「検索」ボタンを押す。中継機の「エアステーション名」は「RP<MACアドレス>」という形式で、例では「RP000D0B512804」となっている。
    2. 中継機を選択して「IP設定」ボタンをクリック。
    3. 「IP アドレス」に 192.168.20.1 、「サブネットマスク」に 255.255.255.0 と入力して「OK」(サブネットマスクについては先ほどと同様)。
  5. 再び中継機が検索される。出てきた中継機の IP アドレスが 192.168.20.1 になっていることを確認。
  6. 中継機を選択して「WEB 設定」ボタンを押す→ウェブブラウザが起動して http://192.168.20.1/ が開かれるはず(自分でブラウザを起動してアドレスを入れても OK)。
  7. 無線ルータでの設定にあわせて SSID や WPA-PSK 共有キー等々を設定。詳しくは「WEB設定画面(中継機)」を参照。
  8. うまく接続されたようならログアウトしておく(きちんとしておかないと、あとでセッションが残って面倒になることがある)。
  9. 中継機から LAN ケーブルを抜く。有線でハブやルータにつないでいたなら元通り接続する。
  10. PC の IP 設定(「インターネット プロトコル(TCP/IP)のプロパティ」で変えた部分)を元の設定に戻す。たいていは(= DHCP を使っているなら)「IP アドレスを自動的に取得する」にすればよい。
Posted at 21:56 | Diary | 0 writebacks | edit
Tagged as: ,

writebacks

trackback URI

http://cu39.s57.xrea.com/diary/20100216_wrp-amg54.trackback


SPAM ロボットを排除するため文字判読テストをお願いしています。画像に書いてある2つの単語を入力してください。単語の間には半角スペースを入れます。