Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|

さそうあきら『トトの世界』(双葉文庫)

2006/10/04 Wed 03:12

本屋で文庫マンガコーナーをうろうろしていてピンときて思わず買ってしまった、さそうあきら『トトの世界』1~3巻を読んでいるところです。前々からこの人はそうじゃないかと思っていたわけですが、やはり天才の類であると思います。皮肉の意味はまったく込めていません。

嗅覚を鍵としながら人間性のリミットを問うという、およそマンガでは困難な主題をこれだけ描けるというのは……どうなってんだこの人。嗅覚や聴覚(『神童』)を表現するだけでもすごいのに、それだけじゃないとは。しかも連載が始まったのは新潟少女監禁事件の直前だし。

と、読み終えたような口ぶりですが、いま最終巻を半分くらいまで読んだところです。この先を読むのが怖いので一息入れてます。ハッピーで終わってほしいと思うなんて久しぶりのことだ……うううう。集中していきます。読み終えたらまた。

B6版 各560円(税込)

文庫(A6版) 各630円(税込)

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,

The Ultimate Hitchhiker’s Guide to the Galaxy到着

2005/12/31 Sat 23:21

到着は来年かと覚悟してたんですが、The Ultimate Hitchhiker’s Guide to the Galaxyが今日アマゾンから届きました。

なんと予想を裏切るハードカバー!(よく見たらAmazon.UKにもハードカバーって書いてあった)しかもでかい。まあ5冊ぶんだからでかいのは当たり前か。これで1500円+送料無料なのは激安と言わざるを得ませんが、予想以上にスペースを取られるので注文の際はご注意を。

安原和見訳『宇宙の果てのレストラン』(河出文庫)に至っては昨日届いてしまったので、今日は両者を読んで年明けを迎えたい。

  • Douglas Adams, The Ultimate Hitchhiker’s Guide to the Galaxy, Wings, Random House, 1996. [Amazon.JP]
  • 安原和見訳『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫) [Amazon.JP] [bk1]
  • 安原和見訳『宇宙の果てのレストラン』(河出文庫) [Amazon.JP] [bk1]
Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , ,

パニクるな!

2005/12/29 Thu 02:38

『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫) ダグラス・アダムス著、安原和見訳『銀河ヒッチハイク・ガイド』を読了。もっと若い頃に出会っていたらと悔やまれる作品だったが、ひとまずは20代のうちに触れられただけでも良しとしておこう。人生の真理がなんとなくわかったような気になるところがとても素晴らしい。真理の少なくとも一端は笑っちゃうような出来事の中にありますよ多分。好きなキャラクターはマーヴィン>マッコウクジラ>ゼイフォード・ビーブルブロックス。

以下、関連商品のリスト……だが当然網羅できるものではない。安原によるあとがきに載っている、UK版の小説5冊とUS版の5合巻あたりのどれかも攻めてみたいので、そのへんも少々。さらに風見訳で "Don't panic!" が何と訳されていたのかも気になる。

  • 安原和見訳『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)
    [Amazon.JP] [bk1]
  • 安原和見訳『宇宙の果てのレストラン』(河出文庫)
    [Amazon.JP] [bk1]
  • 風見潤訳『銀河ヒッチハイク・ガイド』(新潮文庫)
    [Amazon.JP] [bk1]
  • 風見潤訳『宇宙の果てのレストラン』(新潮文庫)
    [Amazon.JP] [bk1]
  • 風見潤訳『宇宙クリケット大戦争』(新潮文庫)
    [Amazon.JP] [bk1]
  • The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy, Pan Macmillan, ISBN 0330258648, 1979.
    [Amazon.JP] [Amazon.UK] [Abebooks]
  • The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy, Pan, ISBN 0330437984, 2005.
    [Amazon.JP] [Amazon.UK] [Abebooks]
  • The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy (Film Tie-in), Picador, ISBN 0330437992, 2005.
    [Amazon.JP] [Amazon.UK] [Abebooks] 映画シナリオ?


英語版シリーズ全部探すのはあまりに面倒だったので今回は略。Pan、Pan Macmillan、Picadorという3つの社名はどれもPan Macmillanグループであるらしい。かといって全て同じ内容であるとは限らないが、UK版であることは間違いない……んじゃないかと思う。US版はThe Ultimate Hitchhiker’s Guide to the Galaxyのどれかだろう、きっと。っつうか欧州+米の書籍の版確認って泣きたくなるほど面倒なんですよマジでマジで。

さっそく安原訳『宇宙の果てのレストラン』を注文したのだが到着までは間があるので、その間はニック・ホーンビィ『ぼくのプレミア・ライフ』(新潮文庫)を読んで待つことにする。僕自身はサッカー(「フットボール」)にそれほど思い入れもなく、プレミアリーグとなればなおさらなのだが、しかし彼とプレミアリーグとの関わり方には学ぶところが数多くある。こちらについても読了後にまた。

参考:Google検索:人生、宇宙、すべての答え
参考:en.Wikipedia : Googleplex 辞書的にはGoogolplex Star Thinkerらしいけど。

追記(12/29 23:15):5編が1冊に入ってるバージョンを、Amazon.JPでも安めで買えることがわかったので以下リスト。

すべてリンクはAmazon.co.jpに貼ってあります。発行年やハードカバー/ペーパーバックについてAmazon.JPに書いてある内容と異なる部分がありますが、Amazon.UKとAbebooksの内容を信用した結果です。Bonus StoryとしてYoung Zaphod Plays It Safeが確実に入っている(表紙にそう書いてある)のは1996年のWings版。ymskさんのコメントを読んでこれを思わずポチっとしておきました。

Permanent Link | Writebacks (2) | Diary | edit
Tagged as: , ,

買本

2005/05/06 Fri 23:00

ひさびさに街に出た、といっても本屋に行った程度だけど、まぁ本屋に行ったら以前買おうとしたときは品切れだった岩波文庫の『ドイツ・イデオロギー』が重版されていたようで、購入。勢いでその横にあった『共産党宣言』も買ってしまったが、こっちは持っているかどうか記憶が曖昧で、あるいはブックオフあたりですでに買ったことがあるような気がしないでもないがまぁよしとしよう。というわけで今日買ったのは以下。

  • マルクス/エンゲルス『ドイツ・イデオロギー 新編輯版』(岩波文庫) [Amazon] [bk1]
  • マルクス/エンゲルス『共産党宣言』(岩波文庫) [Amazon] [bk1]
  • 浦沢直樹×手塚治虫『プルートウ (2)』(小学館) [Amazon] [bk1]
  • 羽海野チカ『ハチミツとクローバー (7)』(集英社) [Amazon] [bk1]

ドイツ・イデオロギー 新編輯版 岩波文庫 マルクス・エンゲルス 共産党宣言 PLUTO (2) ビッグコミックス ハチミツとクローバー 7 (7)

マルクス/エンゲルスと『プルートウ』を同時に買ったのは単なる偶然。ニートへの意識とは若干関係あるかも。

追記(5/8):以前『ドイツ・イデオロギー』を買おうとしたのは2001年の後半から2002年の前半ごろのこと。廣松渉編訳・小林昌人補訳の「新編輯版」が出たのは2002年後半(2002年10月16日初版)なので、実は前回欲しいと思ったすぐ後に新訳が出ており、それを2年半ほど見逃していたわけだった。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , ,

一般的にはまだまだ「これから」の話題なんだなぁと思った話(まだばな)。

2005/02/21 Mon 16:07

中野独人がエルメスと結婚宣言 (電車男の時刻表)

というエントリータイトルを見て「いつのまにそんな東海テレビ的愛憎劇に!?」と思ったらニュース記事の中に「事実」誤認があるだけだったのだが、それはともかく「電車男本人」が重松清とチャット対談して、その内容が明日(22日)発売の『小説新潮』に載るんだそうで、そのことに驚いてみたり。

「電車男」その後も順調 (Excite ニュース 2/21 06:12) 以下はネタにされてる箇所

(……)「電車男」(新潮社)の著者・中野独人氏が恋愛を成就させた彼女(エルメス)との順調な交際を、22日発売の月刊誌「小説新潮」で明かしている。

「電車男」キターッ!!結婚宣言!? (デイリースポーツ 2/20) 同Yahoo!ムービー
【ネット】「電車男」キターッ!!結婚宣言!? [02/20] (ニュース速報+)
【話題】「電車男」キターッ!!結婚宣言!? [02/20] (芸スポ速報+)

重松清という人選が、らしいなぁ。ちなみにヤングサンデーのマンガ版にも目を通しましたが、ざくざくとメシのタネにされゆくほどに覚めゆく(我ながら若々しい反応だと思うけど)。ちなみに僕の立場は

  1. 2004年5月末ごろ、ウェブで読んで泣かされた
  2. フィクションではないことが重要だと考えている(すなわち「事実かどうかにかかわらずいい話だよね」とは言わない、だってフィクションだったら凡庸にも程がある)
  3. 自演説をそれなりに信憑性あるものと考えている(というより、ミソがついたことそのものにより覚めた)

といったかんじです。

オレが考えたマンガ版「電車男」 (interrupted train/in between days)

ここに挙げられている企画は積極的に実現の方向へと進められるべきだ。

Permanent Link | Writebacks (0) | News | edit
Tagged as: , ,

Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|