Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|

三沢光晴が背負っていてくれたもの

2009/06/15 Mon 04:10

熱心なプロレスフォロワーではない僕が語るべきかどうか迷いはあるのだが、「好き」カテゴリに属するもののほとんどについて熱心とは言えないので、そこで足踏みしていては語ることがなくなってしまう。三沢光晴が熱心なプロレスフォロワーの枠を超えても大きな存在であったことは、訃報に対する反応の広がりを見ても明らかなことだろう。そこにささやかな例証を一つ付け加える。

三沢選手が亡くなったと一報を聞いたのは14日の0時17分、チャット中の友人に知らされた。すぐに大手メディアの記事を確認し、言い様のない不安感に襲われた。それから24時間以上経っても不安感は拭いきれず、ずっと三沢のことが頭から離れなかった。

僕にとっての三沢光晴は、日常の中の好ましい部分を象徴する存在だったのだと思う。自分の生活にどういう変化があっても、世間に変化があったとしても、変わらずにプロレスを続けている人がいる。今に見合ったプロレスを、信念を持って続けている。そういう安心感を象徴する存在だったのだと思う。

僕にとっての日常は基本的に変わり映えのない、どちらかといえば退屈なものである。でもどこかでプロレスが行われていると想像したり、そのことをメディアで見聞きすることは、「日常」の好ましい部分だった。その日常性を保証してくれていたのが三沢光晴という存在だったと考えると、この不安感が腑に落ちる。残念ながらこの4月以降はテレビで目にする機会も少なくなっていたのではあるが……。

もちろん、「日常」といってもほのぼのとしたイメージばかりを持っていたわけではない。「ゾンビ」と謳われることを納得するような試合を見たこともあったし、そこまでの試合でなくても実直にプロレスをしていることは伝わってきた。トーク番組やバラエティ番組での姿もそうしたイメージを裏付けていたのだろう。実直に、真摯に積み重ねられているのでなければ、その「日常」は好ましいものにならないはずだ。

大げさに言えば、僕が安心できる平和な世界では、三沢光晴がプロレスをしてくれている必要があった。たとえ目にする機会が少なくても、そう思えることが必要だった。実に勝手な話だが、そういう役割を背負ってもらっていた気がする。それでも、何も言わずにそれを背負ってくれるような、そんなイメージを三沢に投影していたのかもしれない。今日一日、ウェブやテレビで色々なエピソードを目にしたが、そのイメージは決して間違っていなかったと思っている。ノアという団体を運営する上で多大な重圧があったこと知り、これまでの継続がさらに重みを増して感じられている。

プロレスファンは、全日本に君臨するジャンボ鶴田からフォールを奪い全日の歴史を刷新したことや、ノアを立ち上げて以後、現代的なプロレスを確立しようとしつづけたことなど、「日常」とは無縁の革新者たる三沢を語っている。ここでそのイメージを否定するつもりはまったくないし、そうしたプロレス史での存在こそまず評価されて然るべきだと思う。

ただ、僕にとっての三沢は、厳しさと愛らしさを同時に感じさせるような風貌で、真摯に激しくプロレスを、いつも変わらずに続けてくれる人だった。本当にありがとう。もう新しい試合を見られないのは本当に残念だけど、そう言うとあなたを苦しめてしまうのかもしれません。安らかに休んでください。これからのプロレスを心配する声も少なからずありますが、選手もファンも、あなたの姿を憶えていればそう簡単にあきらめることはないでしょう。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , , , ,

ギア・セカンド

2007/06/26 Tue 03:16

 数年ぶりにコンビニで週刊の漫画雑誌を2冊買った。正確には隔週刊だけど、とにかく中綴じの漫画誌を買ったのはそれくらいぶりのこと。雑誌はだいたい立ち読みで済ませていたんだけど、ほしい部分があったので、ヤングアニマル(No.13 2007.7.13)とイブニング(No.14 2007/07/10)を買ってしまった。

 家に着いて、PCを立ち上げず雑誌を読んでいて、そのまま寝てしまってもいいと思った。「こんな夜は久しぶりだ」――なんて言うと、バトルものの連載が一区切りついたあたりで日常を描いた回のよう(次の敵がゆっくり動き出してるみたいな描写がある回)だけど、本当にそう思ってしまった。

 この10+数年ほど、とにかくテレホーダイに加入した頃くらいから、僕の夜の時間はそのほとんどがネットに注がれてきた。大部分はウェブとそれに関連するサービスに向かい、そのほかにチャット/インスタントメッセンジャーとかメールとかニュースとかも入ってくるかもしれないが、とにかくネットに膨大な時間を費やしてきた、あるいは責任転嫁するならば、奪われてきた。もちろん忙しくて疲れた日はPCを起ち上げずに寝てしまうこともあったけど、今日はそういう日ではない。少なくとも1~2時間はネットをする程度の余裕がある、にもかかわらずPCは起動しなくてもいいかと思った。こんな夜は久しぶりだ……。

 とはいえ、こうなる徴候は以前からあった。僕はだいぶ前から、ネットにはもう飽きていると自覚していたからである(たぶんログを漁ればどこかに書いてある)。そして間違いなく、ウェブを用いた各種サービスが一定の成熟を果たしたことが最も大きな理由だろう。

 常にアンテナを張り巡らしていなくても欲しい情報は欲しくなったときに探せば手に入るだろう。今日新しく見つけたものはすでに誰かが見つけているだろう。だから自分でわざわざ発信する必要もない。情報周知だって、他人か自動システムがやってくれるはずだ。こういう認識に至るのは、サーチエンジン、フォークソノミーの行き届いたソーシャルブックマーク、BBS、SNSの普及と成熟があってのことだ。もちろん、作る側、使う側双方において人的リソースが増大した結果であることは言うまでもない。

 僕個人だけの変化であれば全体には特に影響を及ぼさないであろうし、少なくともある側面において、このことは僕にとってむしろ「解放」である。以前よりも期待は小さくなっているが、しかしPCに向かっていないときに大きな損をしているような、その間になにかすごい出来事を見逃しつつあるような気持ちになることもない。PCの前ではないどこかでそういうことに遭遇する可能性が、少なくともPCの前と同じ程度にはあるんじゃないかというこの想定は、僕の気持ちと足取りを充分軽くする。

(ちなみに、僕は携帯ではほとんどネットを利用しない。しかし携帯でも事は同じじゃないかと思う。電車やバスに乗っている間や、外で食事を食べ終わってから店を出るまでの少しの時間に携帯を開きたくなる衝動は、僕の「重い気持ちと足取り」にとても似ている気もする……が、単なる手持ちぶさたの解消もありそう)

 しかしもし一個人だけのものでなかった場合、果たして、ウェブにとって、ひいてはネットにとってどういう効果を生み出すのか。これは、ネットに向かう個人が持つ、送信or受信するぞという衝動の強度が減退するということである。もちろん求められるインフラとしては盤石であろうし、そこにある程度の人口が維持されるなら仕組み・情報(内容)ともに代謝も維持されそうな気もするが、やはり強度の弱いノードがゆるやかに、微かに振幅しあうようなイメージも浮かんできてしまう(わかりにくい比喩だけど)。

 あるいは成熟の穏やかさというような良い面を見出すことはできるかもしれない。ある種の熱狂の中で一丸となってあらぬ方向へ進むようなことが抑制されるとすれば、その点は良いのかも。この「熱狂」とは、いわゆる「祭り」のことでもあるし、技術的イノベーションの連続を伴う競争状態のようなことでもある。しかしいずれにせよ、相対的に面白そうだとは感じないかなぁ。

(面倒なので情報の多段階流通のようなこと、たとえばブログにおける一次・二次……リンクであるとかSBMにおけるアルファ・ベータ……ブックマーカーのような階層・格差の問題まではあまり考えたくないけど、その固定化がつまらなさにつながることは同じだと思う)

 こんなことも、Web 2.0という言葉が出始めたあたりかもっと前に誰かが言ってそうだなぁ、と思ってしまえるところが僕の現状認識を示している(あるいはもしかすると、これは各世代がある時期同じように抱く懐古の情なのかもしれない)。エンジンブレーキは確実に効いてきている。とはいえ、このように思ったことをこのタイミングでウェブに書き残そうと思わせるあたり、根強いトルクを感じずにもいられないけど。

追記:「ログを漁ればどこかに書いてある」と書いたけど、更新した直後にRelated Tagsが示唆してくれた記事がまさにその一つだった。フォークソノミーマンセー。2年半くらい前の記事だけど、その期間で「ブログあんま更新しない→寝る前にウェブ見ない日があってもいい」まで来たということか。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,

もうすぐ30才

2007/05/08 Tue 01:58

 やらなければいけないことにまったく手が付けられない。おそらく一般的には「怠惰」の一言で片付けられてしまう状態であり、僕自身もそれを否定するつもりはまったくないのではあるが、しかし「怠惰な状態を打破するべく頑張らなくては」と意気込むだけで打ち破れてくれるわけでもなさそうなので、ちょっと考えてみる。

 やはり自分が思ったように事が運ばないというのはなかなかつらいもので、しかもそこそこ時間をかけてなお進展が見られないと、その対象(していること、するべきこと)を時に意識的に、時に無意識に回避するようになってくる。そして回避することが慢性化してくると、もともと持っていた能力であるとか記憶だとか、できないなりにも多少は蓄積されていた経験までが徐々に鈍ってきてしまう。

 たとえば「ああ、さすがにヤバイ」と思ったり、あるいは別の何らかのきっかけで少しやる気を取り戻すことがあっても、慢性的回避を経た後だと、自分の能力・経験が鈍っていることを痛感してさらにストレスが溜まる。前はできたことができなくなっていたり憶えていたことを忘れていたりするので、以前通過した箇所を再び辿り直さなくてはならない。まず効率が悪いし、一度やったことなので新鮮味も失われている。

 ここで問題になるのは、自分が「思ったようにできない」と感じているという部分である。つまり自分で自分に対して予測しているような能力や結果を、自分が発揮・達成できないことが回避につながっているわけで、自己を誇大評価していることが推測される。この点を修正すれば、あるいは少し現状を打開できるかもしれない。

 この原因はおそらく二つの方向から考えることができる。一つは、自分に誇大妄想の傾向があるかもしれないこと。仮にそうであるならそれは元々の性質なのだろう。自分の姿をより客観的に見つめる戒めを自らに課すことはできるとしても、改善されるまでには少し時間がかかりそうだ。ただし、多少は自分の能力に対して過大な期待を持っておかなければ成長もしないので、過度な期待は戒めるにしても程々なところまでにする必要はある。そんなことで、こちらの面はもう一つに比べるとあまり重要ではない。

 もう一つの重要な原因とは、年齢から来る衰えと折り合いがついていないかもしれないこと。30を越えると、巷で語られる通り記憶が怪しくなってくるもので、僕の場合は特に短~中期の記憶が怪しい。つまりここ最近の記憶がけっこうアテにならない、という機会が増えてくる。30歳を過ぎる頃になると日々の生活の中で扱う情報量が増えキャパシティを超えてくるという事情もあるのだろうが、一方でやはり身体的・器質的な衰えも確実に進んでくるのだろう。また記憶だけではなく、疲れやすくなったり、溜まった疲れの回復が遅くなるということも、やはり世間並みに出てきているようだ。

 こちらのほうは、もともとの性質ではなくて、比較的最近になって起こってきた変化である。だから予測できないことも多く、戸惑いやストレスを感じやすい状態にあるのだろうと思う。時間が経てば慣れる類のことではありそうだが、もう少し早く調整されることを希望したい、って誰に言ってるのかわからないが、問題は「思ったようにできない」つまり「結果が予測を下回る」状態を改善することである。身体的・器質的な衰えを根本的に改善することはできないだろうから、予測のほうに修正をかけるしかない。第1段階は「『思ったようにできない』ことはすでに予測済みだぜ?」というあたりから始めて、「予想したのと同程度、できない」(できなさの程度の予測は当たっている)を経過し、「思っていたようにできる」段階、予測と結果が一致する最終段階に至れば、自分との折り合いは一段落しそうである。

 さて、自分はどの程度できなくて、どの程度はできると期待できるのか。少し怖いところもあるけど、過剰な期待かなぁと思って見ていたら意外とできる自分も発見できるかもしれないし、まぁ一つの楽しみとするのが吉かもしれない。

 先入観を捨てて自分の現在の姿を捉えた結果、その能力が外部からの要求水準に満たないことも、おそらくはあるだろう……特にスピードの部分で、すでに手遅れということも十分に考えられる。であるとしたら、やはり要求基準の側に妥協を求めるしかないのか。合い言葉は「ベストを尽くした」とかで。まぁここで外部からの要求・評価という項を入れるとまた複雑になってくるので、ひとまず手仕舞い。

 と、ここまでは昨日の夜に書いて、アップするのが面倒だったのでそのまま寝てしまったら、一夜明けて七日、大関の栃東が引退することを知った。多くのケガも抱えていたけど、最終的なドクターストップの要因は高血圧と脳梗塞。相撲が身体にかける過剰な負荷は想像に難くないけれども、それでも30歳で脳梗塞はまだ……まぁ、若くはないということなんだろうな。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as:

脱力

2006/12/23 Sat 04:39

僕がおそらく真実であろうと思っている諸前提から論理的推論を導くと(というほど大げさでもないが)、どうしても死ぬことが最も効率が良いということになる。

とはいえそれはあくまで論理的にそうであるというだけのことであって、すぐに「さあ死のう」ということにはならない。しかも「死ぬことが生きているよりも良い」という結論にもならず、生きていることは死んでいることと同じ程度には意味がないということになるだけである。同じく意味がないなら生きていても死んでいても同じというわけで、たとえば生きていることがどうしても苦痛につながるなら死んでもいいんじゃないか、という話である。

「意味のなさ」という部分の定義を簡単にしておいたほうがよさそうだけど、要するに人間はいずれ死ぬし、人類はいずれ絶滅するし、それでも宇宙はあるというようなそういった感覚で、科学的認識によって目的論的(キリスト教的)世界理解が崩壊したとかそういう思想史上の事件の廉価版みたいなものだと思ってもらえればいいと思う。

こういう認識を持っていても、人間レベルの物事に生き甲斐を見出して生を肯定的に捉えることは十分に可能であると思うし、実際に世を生きている人たちには(世界・宇宙レベルの認識の有無を問わず)そのように考えている人が多くいると思う。しかし僕の場合、人間レベルの物事を見ようとしても世界・宇宙レベルの無駄さがどうしてもそれに勝ってしまう。でもすぐに死のうとは思わない(この理由を突き詰めるのも興味深いところだが、今回は措く)。結果、無気力になる。

こうなってくると、その無駄をいかに楽しむか、楽しめるかというところが大事になってくる。実際、今まではそのようにやりすごしてきたのだが、うまくいかないことも出てくるもので。「社会的にはやらなければいけないこと」というものは、生きていく(金を稼ぐ、食べる)ためであったり、達成感とか社会的意義とか社会的ステータスとかによって、少なくとも部分的には動機付けられるものであるはずだが、それらがすべて無効である場合には、楽しみを見出せなくなったとたんに「やる必要のないこと」になってしまう。積極的に死のうとしているわけではないので、やらなければ死んでしまうとなれば違うかもしれないが、そういうこともない。地味ではあるが、これは「危機」である。遠い目線から社会全体の問題として捉えるのでなく、個人的にそういう傾向が強まると厄介なことこの上ない。

社会的に報われていないことを世界・宇宙といった大枠の問題にすり替えているのではないか、と自分でも問うてみることはあるけど、おそらく社会的に報われたとしても同じ問題は起こりうるだろうし、現在の僕自身がそれなりに社会的に報われているという見方もできる。

僕が数年前に宮代真司を読んでいたことを書き添えたほうが誠実だろうか。まぁニーチェでもキェルケゴールでもパスカルでもいいんだろうが、いずれにせよ未解決であり今後も見通しは暗そうな問題ではある。信仰ねぇ。

さて、こんなことを考えて沈んでいると沈む話が寄ってくるもので、今日読んで印象深かったページは以下の2箇所。まぁ石を投げれば報われない人に当たる成熟した資本主義社会こと日本なわけですが、みなさん元気ですか? 社会的に報われないことが上記の僕のような「信仰」に向かうきっかけとなる側面はあるような気がしますが、しかし完全に断絶している(いずれにせよ無駄である)ならばむしろ社会的な報われなさに耐えることもできるような気もします。でもなんだか未整理だな。

Permanent Link | Writebacks (1) | Diary | edit
Tagged as:

アイドリング(©江古田ちゃん)

2006/12/02 Sat 07:39

 やらなければいけないことの期限が迫っているのだが、頭も身体も一向に動く気配がない。しかも、やらなければいけないことに向かうときだけ動かないのではなく何事に対しても同様で、些細なことをしようと思ってもやたらと時間がかかる。それに向かうまでに関係のないことをしばらくやってから、やっとのことで少しだけ行動し、またはじめに戻る。

 この動かなさ、動けなさは誰よりもまず自分にとって最も厄介なものであるが、動かないのも自分なのであって、その板挟みでもってまた別の次元で身動きがとれなくなる。自分をコントロールできない、そのコントロールできなさをコントロールできない。そこから先はひたすら反復。

 最近はもしかして身体的なものに原因があるのかもしれないと思うこともあり、だとするとここに書いているような諸々の内省はまったく無駄ということになってしまうのだが、こうなるのが身体的なものだけに決定されていたわけではなく、何らかの他の要因が働いている/いたこともおそらく間違いないわけで、それを捉える作業は無駄というものでもないだろう、と自分を正当化しながらも。

 いやでも本当に、どうしてこうなのかと……と思いながら『僕らの音楽』を見ていたら森山直太朗が阿部サダヲにリクエストされて「レスター」を歌っていて「あぁーそうだよねそうだよね」なんて思わされたり。森山って同世代なんだね、そういやそうだったかもしれない。「さくら」その他の印象から敬遠気味だったけど少しは触れてみるべきか。

 あと全く関係ない文脈からシンクロするように ELLEGARDEN の Salamander (リンク先にPV動画あり)を聴いてまた「うーんだよねだよね」てなかんじになってみたりと、また無生産な時間を過ごしてしまう。こちらは今まで完全にスルーしてたので森山のことよりも収穫だった。といっても Salamander は誰の曲か知らないまま聴いたことがあったけど。

 和風の顔立ちながら妙に流暢な発音の英語でハリウッドで忍者役にもなれそうなヴォーカルの細美武士という人は、プロフィールがかなり興味深い。

ELLEGARDENを結成する前に組んでいたバンドはデビュー目前にして解散。音楽をすることが社会に対する「逃げ」なのかを判断するため就職し、数ヶ月サンフランシスコでプログラマとして働いていた。その後、生形に誘われて音楽活動を再開する。

ELLEGARDEN - Wikipedia

解散と迷い、いいエピソードです。数ヶ月の就職の後、バンド結成が1998年とのことなので、なんかこちらも同世代の臭いがします、数字的な近似以上に。

ロングセールスを記録し、発売から1年以上に渡って現在もインディーズチャート上位にランクインしている。これを受けてバンドの知名度は急速に上昇するが、結果的にボーカルの細美武士をはじめメンバーに戸惑いを与える事となった。その結果、細美はNANO-MUGEN FES. 2005の出演中に涙を流し歌えなくなった。

RIOT ON THE GRILL - Wikipedia

ブレイクして戸惑って泣いちゃうなんて……も、萌えー。「逃げ」にならなくてよかったねぇ。「福岡音楽ポータルサイト FUKUOKAMUSIC.JP」のインタビューを見ても、非常に好感が持てます。「詞は、曲とは裏腹に後ろ向きなものが多く、そこが魅力」になったりするのがわかる感じ。萌えー。

 と、細美氏に癒されてみたわけだが、すでにブレイクを済ませた他人のことなどどうでもよかったのだった。問題は自分のことだ。

 とりあえず自分にとって重苦しい自分がどうにかなるものではない、ということはわかっていたことなので、それはそうなのだとひたすら認識するしかないんだろうなぁ。何も進展してないけどとりあえず癒されたからいいや、脱線で集中力使い果たしたし……というここまでが最近のサイクル。

  • / ()
  • 発送可能時間:

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: ,

Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|