Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|

ある悪から目を反らしてもらうTips

2006/03/23 Thu 19:15

Winnyを利用したウィルス拡散による情報流出の件ですけどね、ここ一連の政府やマスコミ(IT専門系を除く)の対応を見ていると、Winnyが著作物を効率的に共有するために使われているという側面への注意がおろそかにされている気が。

 「情報漏洩を防ぐ最も確実な対策は、PCでWinnyを使わないことです」――。15日、多発するウイルス「Antinny」による情報流出に、安倍晋三官房長官が異例の呼びかけを行なった。

「Winnyを使わないで」安倍官房長官が国民に呼びかけ (INTERNET Watch)

そもそも、Winnyを使用しない限り問題は発生しませんが、個人レベルでその有用性を享受する自由は残されています。ただし、個人的にWinnyを使うのであれば、Antinnyの侵入を防ぐためWinnyによるダウンロードファイルの拡張子を毎回確認すること、情報漏洩の危険性を踏まえ、Winny搭載マシンには個人情報は一切入れない、残さない、といったことが最低限必要となります。

ファイル共有ソフト、Winnyを悪用するウイルス Antinnyに注意 (McAfee)

情報流出を防ぐには
ウィニーを使わない
パソコンを2台持ち1台はウィニー専用にする

THE NEO_SOKU (つ・ 3 ・)つ:ちょwwwwwwwwwwwwマスコミwwwwwwwwwwww

上に引いた表現のうち、すべてが「情報流出の危険があるからWinnyを使わない」という注意喚起であって、「Winnyを使って著作物を共有しない」という主張は行われていません。それでも「Winnyを使わない」のであれば著作権侵害をも同時に防げるのでまだいいわけですが、今回のようなケースとなると、彼らは「それでもWinnyを使っちゃう人」への注意を用意しなければなりません。すると、それは「情報流出を防ぎながらWinnyを使う方法」を示すことになるというわけです。

マスコミを利用したメッセージ伝達では、できる限り情報を絞り込み、最も伝えたいメッセージを効果的に表現することが求められ、「一つの機会には一つのメッセージ」が原則ともなっているわけです。

これを逆手に取って、いけない目的を促進するために利用することもできる。つまり、ある悪への注意を軽くするには、もっと緊急を要する危険を用意すればいい。Winnyに関して「著作物の共有」に言及する余裕を与えないHD公開ウィルスの拡大は、こういうTipsに還元できるのではないかと思います。テロの脅威を盾にイラク駐留を正当化する梅毒大統領もこんなかんじですけども。

Winnyそのものと、Winnyを著作物共有に利用することと、Winnyを介してウィルスを拡散させることと、ウィルス混入ファイルを実行しちゃうこと、このそれぞれをきちんと分けて考える意識が、政府やテレビレベルで共有されることを願います。

Permanent Link | Writebacks (0) | Diary | edit
Tagged as: , , , ,

一般的にはまだまだ「これから」の話題なんだなぁと思った話(まだばな)。

2005/02/21 Mon 16:07

中野独人がエルメスと結婚宣言 (電車男の時刻表)

というエントリータイトルを見て「いつのまにそんな東海テレビ的愛憎劇に!?」と思ったらニュース記事の中に「事実」誤認があるだけだったのだが、それはともかく「電車男本人」が重松清とチャット対談して、その内容が明日(22日)発売の『小説新潮』に載るんだそうで、そのことに驚いてみたり。

「電車男」その後も順調 (Excite ニュース 2/21 06:12) 以下はネタにされてる箇所

(……)「電車男」(新潮社)の著者・中野独人氏が恋愛を成就させた彼女(エルメス)との順調な交際を、22日発売の月刊誌「小説新潮」で明かしている。

「電車男」キターッ!!結婚宣言!? (デイリースポーツ 2/20) 同Yahoo!ムービー
【ネット】「電車男」キターッ!!結婚宣言!? [02/20] (ニュース速報+)
【話題】「電車男」キターッ!!結婚宣言!? [02/20] (芸スポ速報+)

重松清という人選が、らしいなぁ。ちなみにヤングサンデーのマンガ版にも目を通しましたが、ざくざくとメシのタネにされゆくほどに覚めゆく(我ながら若々しい反応だと思うけど)。ちなみに僕の立場は

  1. 2004年5月末ごろ、ウェブで読んで泣かされた
  2. フィクションではないことが重要だと考えている(すなわち「事実かどうかにかかわらずいい話だよね」とは言わない、だってフィクションだったら凡庸にも程がある)
  3. 自演説をそれなりに信憑性あるものと考えている(というより、ミソがついたことそのものにより覚めた)

といったかんじです。

オレが考えたマンガ版「電車男」 (interrupted train/in between days)

ここに挙げられている企画は積極的に実現の方向へと進められるべきだ。

Permanent Link | Writebacks (0) | News | edit
Tagged as: , ,

奇妙な日付

2005/02/14 Mon 22:55

昨日は、この記事のほかに以下の2つの記事を書いた。

  1. ユンソナの生年月日の謎
    カテゴリ:diary タイムスタンプ:2005-02-14 02:35:34
  2. 板尾創路の怪演
    カテゴリ:news タイムスタンプ:2005-02-14 12:00:11

これを、色々なURIで開いてみる。

  1. http://cu39.s57.xrea.com/
  2. http://cu39.s57.xrea.com/diary/
  3. http://cu39.s57.xrea.com/news/
  4. http://cu39.s57.xrea.com/2005/02/14/
  5. http://cu39.s57.xrea.com/diary/2005/02/14/
  6. http://cu39.s57.xrea.com/news/2005/02/14/

この2つは、まず1を開くと、いまのところ両方の記事が表示される。トップでは最新の記事5件が表示されるよう設定しているので、件数は問題なし。ただし、前者の記事はタイムスタンプが14日なのに13日の日付で表示されている。えーっと、これデフォルトでこういう動きなんだっけ? diaryプラグインみたいなもので追加しなければいけなかったはずだが……indexesとかentries_indexはもう使ってないし。

2を開くと、2つのうちでは前者だけが表示される。3だと後者だけ。これも問題なし。しかし、4を開くと、後者だけしか表示されない。これもおかしい。

……と思いつつ、プラグインを一度すべて無効にしてから1つずつ戻していったら、想定通りの動きをするようになってくれた。ん~? 以前使っていた何かのプラグインの名残があったのかもしれないけど、でもstate/の中には特に関係しそうなファイルはなかったし……まぁ結果オーライとしておこう。zen bloggingはたまに不思議だ。

Permanent Link | Writebacks (0) | Blosxom | edit
Tagged as: ,

ユンソナの生年月日の謎

2005/02/14 Mon 02:35

個人的に不思議に思っていたネタなんですが、ユンソナの生年月日には、複数の情報があります。

ざっとGoogleからたどった5カ所だけでも、1975年10月5日から1976年11月17日まで4種類の情報が出てきました。さて、このズレはどこに由来するのか? もちろん韓国と日本に時差はないし、そもそも、それぞれの情報には差が1日以上ある。タレントにありがちなパターンで、デビュー時に年齢をごまかしていて、後に修正されたのか? しかし1歳だけ若くしても大して意味があるとも思えない。では、韓国で重視される陰暦と太陽暦が混同されているのか? これはちょっと考える必要がありそうです。

という推理を踏まえ、さらによく探してみると

生年月日   1976年10月15日(旧暦 新暦では11月17日)
(10月23日という情報もありますが、誤りです。ホリプロ・本人確認済)

ユンソナ応援サイト Love Sona

という情報もみつかりました。旧暦を意識しているだけでなく「ホリプロ・本人確認済」とまで書いてあり、なかなか有力そうではありますが、はたして本当なのか?

旧暦計算スクリプト Version 1.5 (ながのゆたか On The Web)
旧暦計算スクリプト (Sophia Web)
旧暦カレンダー (こよみのページ)
韓国の旧暦カレンダー (Choi's World)

このあたりを利用して、先に出た4種類の日付を調べた結果をまとめると以下のようになります。まずは太陽暦を基準とした表から。

太陽暦太陰暦
1975年10月05日1975年09月01日
1975年10月23日1975年09月19日
1976年10月15日1976年08月22日
1976年11月17日1976年09月26日

特に関連は見られません。今度は太陰暦を基準にしてみます。

太陰暦太陽暦
1975年10月05日1975年11月07日
1975年10月23日1975年11月25日
1976年10月15日1976年12月09日
1976年11月17日1977年01月06日

ここまでは、まったく関連性が見られませんでした。しかし、上の日付対応を調べている過程で、関連のありそうな日付がみつかりました。色々な情報伝達の過程で、生まれた月日だけではなく、生年まで混同されていると仮定して、1975年と1976年を入れ替えてみたところ、太陽暦と太陰暦がきれいに対応する日付が1つだけあります。

太陽暦太陰暦
1975年10月15日1975年09月11日
1975年11月17日1975年10月15日
1976年10月05日1976年08月12日
1976年10月23日1976年09月01日
太陰暦太陽暦
1975年10月15日1975年11月17日
1975年11月17日1975年12月19日
1976年10月05日1976年11月26日
1976年10月23日1976年12月14日

つまり、太陽暦の1975年11月17日は、太陰暦の1975年10月15日に当たるわけです。これはホリプロとYahoo!で使われている「11月17日」と、はてなダイアリーで使われている「10月15日」と合致し、またLove Sonaの2つの日付とも合致します(ただし、いずれも生年が76年となっている)。ここまでに出てきた数字にこれ以上きっちり対応する日付はないと思うんですけど、ユンソナの正確な誕生日はこれじゃないのかな? もし正しいとすれば、大本営発表+大手ファンサイトのどこにも正しい情報はなかったということになりますが……。

というわけ、ひとまずすっきりしました。僕がここまでこだわった理由は……僕がユンソナの大ファンだからだということにしておきます。

Permanent Link | Writebacks (1) | Diary | edit
Tagged as: ,

名古屋テレビ塔紙幣バラ撒き男 aka. ヒキ投資家 aka. ……

2005/01/09 Sun 15:35

“ラストクリスマス”の結末(前編) (ESPIO)
“ラストクリスマス”の結末(後編) (ESPIO)
via "ラストクリスマス"の結末(前編) (羊堂本舗)
via ラストクリスマスの結末 (こせきの日記)

紙幣関連の記事が続きます。僕は以前、毎日をはじめとする新聞記事の記述を受けてナイーブな記事を書いたことがありますが、当時、7000~8000万の差益で「虚しさを感じてしまう」あたりに違和感を感じたのも事実でした。

などと思ったものの追究はせず、そのまま2年が過ぎたわけですが、ここにきて新しい情報が。仮にこの記事の推測が事実だとすればかなり腹の据わった人のようで、僕の心配は単なる杞憂だったことになります。

Permanent Link | Writebacks (3) | Web | 1 user hatena_bookmark | edit
Tagged as: ,

Page 1 / 35 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > >>|