Page 1 / 2 1 2 >

東プレ製風呂フタ フォロー編

2005/04/01 Fri 22:10

正月に書いた東プレ製風呂フタの記事を「東プレ フロフタ」などと検索して跳んでくる方が散見されるんですが、この記事では買える場所をきちんと紹介しておかなかったのでその部分をフォローしておきたいと思います。東プレ製アルミ樹脂複合板の風呂フタは軽くて水はけも良く、非常に使いやすいです。

キーワードは「東プレ」「アルミ樹脂複合板」「風呂/フロ/ふろ」「フタ/ふた」あたりですが、それらを組み合わせたり、そこから派生したりして探していくと、だいたい以下のようなページに行き当たることと思います。

「東プレ」というブランドをしっかり出していて、確実に買えそうなのはここだけでした。検索フォームから「フロフタセンセーション」で検索すると、「68×98cm・2枚割」と「68×108cm・3枚割」の2商品だけがヒットします。確実に東プレ製である点はいいのですが、板型のラインナップは若干少なめですね。でも、蛇腹型の東プレ製フロフタは「レジェ」「ポマール」「ラクネス」などラインナップが豊富でしたが、蛇腹式は隙間に湿気が残ってカビがたまりそうなので、我が家では板型のフタを使っています。

次は、ネットショッピングの定番、楽天で探してみた結果です。

東急百貨店の通販店舗から。こちらでは「東プレ」とはっきり書かれてはいないのですが、材質に「アルミ樹脂複合板」と書かれていることと、ムラウチドットコムにあるサイズと同じ商品があること、画像が似ていることなどから、東プレ製の可能性が高いのではないかと思います。

セゾン直営の通販店舗から。こちらもメーカーは表示されておらず、「日本製」とあるのみですが、材質はアルミ樹脂複合板で、サイズもムラウチドットコムや東急Tダイレクトと共通しているので、東プレ製の可能性が高そうです。ただし、組み枚数の表示だけは少し違っています。この点は、商品が違うというよりは、表示されている枚数が間違っている可能性のほうが高そうな気がするので、購入する前にそれぞれの商品が何枚構成なのかを店舗へ問い合わせてみたほうがいいかもしれません。

家庭の水回り専門店・ネクサスショップから。ここで扱われている風呂フタもやはりアルミ樹脂複合板ですが、すべてINAX製という表示があります。サイズも今まで紹介したものとは明らかに違うので、INAXが直接製造しているか、別注のOEMかもしれません。ネクサスショップではバスタブを販売しており、それとセットで風呂フタが陳列されているので、バスタブに合わせたサイズのフタなんですね。もしINAX製のバスタブをお使いなら、こちらを選ぶのがよいのかもしれません。

風呂フタを注文する際は、まずご自宅のバスタブのサイズをしっかり測り、水が入る部分よりも数センチ大きめくらいのものを選びましょう。届いてから「小さすぎる」とか「大きすぎる」という事態になっても、当方は一切責任を負いません。ジャストサイズがわかって、気が向いたらこのサイトのリンクからでもフタを買っみて下さい。

以上、エイプリルフールもガチネタ更新の場末ウェブログからお送りしました。

Permanent Link | Writebacks (0) | Web | edit
Tagged as:

ほぼ完璧なパズルボブルFLASH

2005/03/06 Sun 13:02

Puzzle Bobble 0.9 by NiLS - 2004-2005 - 640*480 version
2iceMP :: news :: Puzzle Bobble: version 0.9 is out !
via ニュース | Puzzle Bobble 0.9 by NiLS - 2004-2005 - 640*480 version (CLONEGAMEPARTY)
via パズル・ボブル - Puzzle Bobble - (ブラウザでファミコンしよう!)

こ、これは……初代パズルボブルなんですけど、ちょっとプレーした限りでは、ほぼ完璧に移植できてるんじゃないの? しかも軽いし。パズルボブルのパクり系FLASHはいくつか見たことあるけど、これは群を抜いてるっていうかヤバいレベルなのでは。でも楽しい。

Permanent Link | Writebacks (0) | Web | edit
Tagged as: ,

那須博之監督の最期の記録

2005/03/05 Sat 23:10

先日、あの『デビルマン』の監督が亡くなったというニュースが(一部の)世間を騒がせましたが、その病床に最期まで付き添った松枝佳紀さんによる記録。彼は新進の脚本家・劇作家・演出家で、映画版『デビルマン』の脚本家候補だったこともあり、また最終的にスタッフとしてクレジットに入っています。

正しくも松枝日記: 「那須博之」カテゴリ バックナンバー
正しくも松枝日記: 「デビルマン秘話」カテゴリ バックナンバー

『デビルマン』についてはアレな評価をさんざん目にしているし、その評価自体はそれほど誤りでもないのだと思います。でも、制作プロセスや監督の最期も含めて、そばにいた人の視点を知ってしまうと複雑ですね。松枝さんは『デビルマン』が失敗したこと、その責任が(象徴としての?)監督にあることを認めつつも、那須監督のことを「師匠」と呼んでいます。「インサイダーの擁護論だ」と斬って棄てることもできるかもしれませんが。

たけくまメモ: デビルマンのあの人が

(……)してみると、那須監督というのは典型的なサラリーマン型監督で、会社の言うことをキッチリ聞いて生き残って来た方なのかとお見受けします。『デビルマン』などは、たぶん上の方のエライ人(しかも複数)の意見に対して全部律儀に耳を傾けた結果、ああなったのかなと思わないでもない。

松枝さんの記述から判断するに、もともと3部作という構想があったことなど、監督本人が完全な「サラリーマン型」であったかどうかはわかりません(優しい人ではあったようだけど)。しかし『デビルマン』については、やはり現場の様々なしがらみの産物であったことも確かなようです。たとえば、脚本担当の候補に10人が集められながら、結局初稿を書いたのはその10人以外の「新進美人女性漫画家」であって、さらに最終的なクレジットになると脚本を担当したのは監督夫人の「那須真知子」となっていたりします。まぁハリウッドでは映画の完成までに脚本家がコロコロ変わるという話も聞くので、日本でも似たようなことはしばしばあるのかもしれませんが。

僕は作品を見ていないので、臆断はこのあたりまでに。とりあえず『真説・タイガーマスク』が見てみたくなりました。

ところで、このサイトを発見できたのはほぼまったくの偶然でした。ログのリファラを見ていたら、Yahoo! で「長塚 悪魔の唄」を検索した結果があり、その中でわがサイトのすぐ上にこのサイトが表示されていたので、たまたま発見できました。妙な縁もあるもので。ちなみに『悪魔の唄』の評価には僕と隔たりが。

追記(3/20):このリファラ経由で発見したいろいろな反応。

那須監督の言葉、「あいつ」の正体 (漂流皇室 3/6)
arex01log (arex01log 3/4)
【追悼】那須博之2【罵倒】 163~ (映画作品・映画人@2ch)
那須博之監督告別式弔辞 (金子修介の雑記 "Essay")

Permanent Link | Writebacks (0) | Web | 1 user hatena_bookmark | edit
Tagged as: ,

björk "Triumph of a Heart" dir. Spike Jonze

2005/01/25 Tue 23:24

The Premiere of Triumph of a Heart (bjork.com)

mixi経由で知ったんですが、Spike Jonzeがひさびさにbjörkのビデオを撮ったんですね。公式サイトでフル試聴できます。

  1. Medúlla Playerというアイコンをクリックする
    → QuickTimeが起動し、Medúlla Playerというスキン(?)でプレーヤーが起動される
  2. 右下のvideoという文字をクリックする
    → 曲名のリストが表示される
  3. Triumph of a Heartをクリック

面白いことは面白いけど、最後のダンスはネットに転がってる出来の悪いFlashムービーかと思った……まぁネットのFlashコラにインスパイアされたと解釈しておこうか。

ていうか公式サイトに行った瞬間アラーキーの顔が目に入ってきて、来るとこ間違えたかと思った。björkさんもご出演の『アラキメンタリ』(英語版公式)は3月5日から渋谷ライズエックスで公開、内容はこんなかんじだそうです。

Permanent Link | Writebacks (0) | Web | edit
Tagged as: ,

blosxomなサイトのキャプチャ集

2005/01/11 Tue 01:55

"Powered by blosxom."なサイトのサムネイルたち (yukiakari annex)

tDiaryからblosxomに移行して以来、リファラには鈍感になっていたわけですが、ひさびさにXREAの管理画面からアクセスログを開いてリファラをチェックしていたら面白いURLが記録されていました。発見してもらえてたことはすごくうれしいけど、デザインの手抜きコントラストがひどいので恥ずかしいかんじ。

しかし、ブロッサマーもみんなデザインを考えてますねー。多様化してて面白い。しかも、シンプルできれいなデザインを志向する傾向があるような。"the zen of blogging"というblosxomの標語と一致してるかんじで、もともとそういう傾向のひとであったり、そういう意識を持ってデザインしていたりするのかもしれません。とりあえず、見ててもあまり目が疲れないサイトが多い。

ここの体裁を整えるモチベーションを得るためにも、他のブロッサマーを少し意識していきたい。

Permanent Link | Writebacks (0) | Web | edit
Tagged as: ,

Page 1 / 2 1 2 >