東プレ製風呂フタ フォロー編

2005/04/01 Fri 22:10

正月に書いた東プレ製風呂フタの記事を「東プレ フロフタ」などと検索して跳んでくる方が散見されるんですが、この記事では買える場所をきちんと紹介しておかなかったのでその部分をフォローしておきたいと思います。東プレ製アルミ樹脂複合板の風呂フタは軽くて水はけも良く、非常に使いやすいです。

キーワードは「東プレ」「アルミ樹脂複合板」「風呂/フロ/ふろ」「フタ/ふた」あたりですが、それらを組み合わせたり、そこから派生したりして探していくと、だいたい以下のようなページに行き当たることと思います。

「東プレ」というブランドをしっかり出していて、確実に買えそうなのはここだけでした。検索フォームから「フロフタセンセーション」で検索すると、「68×98cm・2枚割」と「68×108cm・3枚割」の2商品だけがヒットします。確実に東プレ製である点はいいのですが、板型のラインナップは若干少なめですね。でも、蛇腹型の東プレ製フロフタは「レジェ」「ポマール」「ラクネス」などラインナップが豊富でしたが、蛇腹式は隙間に湿気が残ってカビがたまりそうなので、我が家では板型のフタを使っています。

次は、ネットショッピングの定番、楽天で探してみた結果です。

東急百貨店の通販店舗から。こちらでは「東プレ」とはっきり書かれてはいないのですが、材質に「アルミ樹脂複合板」と書かれていることと、ムラウチドットコムにあるサイズと同じ商品があること、画像が似ていることなどから、東プレ製の可能性が高いのではないかと思います。

セゾン直営の通販店舗から。こちらもメーカーは表示されておらず、「日本製」とあるのみですが、材質はアルミ樹脂複合板で、サイズもムラウチドットコムや東急Tダイレクトと共通しているので、東プレ製の可能性が高そうです。ただし、組み枚数の表示だけは少し違っています。この点は、商品が違うというよりは、表示されている枚数が間違っている可能性のほうが高そうな気がするので、購入する前にそれぞれの商品が何枚構成なのかを店舗へ問い合わせてみたほうがいいかもしれません。

家庭の水回り専門店・ネクサスショップから。ここで扱われている風呂フタもやはりアルミ樹脂複合板ですが、すべてINAX製という表示があります。サイズも今まで紹介したものとは明らかに違うので、INAXが直接製造しているか、別注のOEMかもしれません。ネクサスショップではバスタブを販売しており、それとセットで風呂フタが陳列されているので、バスタブに合わせたサイズのフタなんですね。もしINAX製のバスタブをお使いなら、こちらを選ぶのがよいのかもしれません。

風呂フタを注文する際は、まずご自宅のバスタブのサイズをしっかり測り、水が入る部分よりも数センチ大きめくらいのものを選びましょう。届いてから「小さすぎる」とか「大きすぎる」という事態になっても、当方は一切責任を負いません。ジャストサイズがわかって、気が向いたらこのサイトのリンクからでもフタを買っみて下さい。

以上、エイプリルフールもガチネタ更新の場末ウェブログからお送りしました。

Posted at 22:10 | Web | 0 writebacks | edit
Tagged as:

writebacks

trackback URI

http://cu39.s57.xrea.com/web/20050401_bathtubcover.trackback


SPAM ロボットを排除するため文字判読テストをお願いしています。画像に書いてある2つの単語を入力してください。単語の間には半角スペースを入れます。